記事の詳細

自分の足がクサイと指摘されたらすごくショックですよね。
うっさいわ!毎日頑張って働いているんだから臭くなっても仕方ないでしょ!と、言いたくなる気持ちもわかります。

しかし臭くなる原因について詳しく考えてみたことはあるでしょうか。
ここでは足が臭くなってしまう原因についてお伝えしていきたいと思います。

足が臭う原因は汗と角質

まずはじめに、足の裏は体の中でも比較的多く汗をかく場所ということを知っておきましょう。
汗は「エクリン腺」、「アポクリン腺」の2種類の汗腺から分泌されるのですが、足裏にはエクリン腺が背中の5~10倍ほど集中していると言われており、一日に約コップ一杯分もの汗をかくといいます。

エクリン腺から出る汗の99%は水分ですから臭うことはほとんどありません。
にも関わらずなぜ足裏は臭ってしまうのか。

それは、足の裏にかいた汗をそのまま放置してしまうことが原因です。
汗をかいたまま放置していると足の常在菌が汗を分解し、悪臭のもとである脂肪酸を作り出します。

それだけでなく、足の裏の表面は厚い角質で覆われていますね。
この厚い角質もにおいの原因になっています。

古い角質が衣服の擦れやターンオーバー(新陳代謝)によって剥がれ落ちるのですが、このとき剥がれた角質(いわゆるアカ)を餌にして細菌が繁殖します。

この時に発せられるにおいと皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり、非常に不快なにおいを発するようになるのです。

単純に足が蒸れることによる悪臭

当然ですが、足の汗をきちんと処理することができればニオイは発生しません。
しかし現実的に考えると、朝家を出て再び家に返ってくるまでに靴を脱いで足を拭くなどの手入れをすることはできませんよね。

仕事をしているのであれば、そのような時間はないはずです。

足のニオイの原因の一つは、長時間にわたって靴や靴下で覆われていて、発汗しているにもかかわらず密閉状態となってしまうから。

そのため細菌が繁殖し、ニオイを発するようになってしまうのです。
足の角質や汗を栄養源に細菌はどんどん繁殖していきますからニオイの増幅は止まらなくなってしまうわけです。

ただし、休憩時間に靴と靴下を脱いで足を休めるなどできるところで工夫していけば、足のニオイで悩む機会は減るでしょう。

精神的ストレスによる発汗が原因の悪臭

ただ単純に足がむれて臭うというだけであれば、先ほどお伝えしたように靴を脱いで足を休めるなどの対処法でそれなりにニオイケアは可能です。

ですが、足に汗をかいてしまう原因が精神性発汗であれば、解決は簡単ではないかもしれません。

精神性発汗がない場合はストレスを感じていない状況で足は臭くなりません。
休日に自宅でリラックスしている時、あるいは散歩に出かけてリラックスした状態で帰ってきたときなどでも足はそれほど臭いません。

反対に、会社に行って働いて帰ってきたとき、プライベートで初めて合う人とマンツーマンで長時間話したときなどに臭うという場合は精神性発汗の可能性が高いでしょう。

精神性発汗によるニオイをなくすには、とにかくストレスを減らすことです。
働いているときに人間関係がキツイとか、仕事内容がきついなど様々な理由で人はストレスを抱えるもの。

ですがこれらを少しずつ軽くしていくことで足のニオイも軽減できるはずです。

あとがき

以上、足が臭うのは汗と角質が原因!についてお伝えしました。いかがだったでしょうか。
足が臭ってしまうのはある意味しかたがないという側面もあります。

一日中革靴を履いて歩きまわっているビジネスマンの方はもはや職業病といっても過言ではないでしょう。
足は蒸れるわストレスはたまるわで、足に大量に汗をかいてしまうのは火を見るよりも明らか。

しかしこの足のニオイは自分でも気になりますし、彼氏彼女や友人知人、家族と一緒にいる時なんかは特に困るものです。

毎日の生活の中で工夫して足のニオイをケアしていきましょう。
どのように工夫すればよいのかわからない!という方は、こちらの足のニオイケアグッズを活用して日々のケアに役立ててみてくださいね!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る