記事の詳細

クエン酸といえば、梅干しやレモンなどの酸っぱい食べ物に含まれている成分としてよく知られていますね。
それと同時に、疲労回復や美容効果、殺菌など様々な効果が期待できる成分。

実はこのクエン酸を足の裏に塗ることで足の臭いがケア出来てしまう裏ワザがあります。

そもそもどうして足裏が臭くなるんだっけ?

足裏のニオイの原因は、足裏の角質が剥がれてできる垢や皮脂腺から分泌される脂質を栄養分とする表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウムという細菌

これらの細菌が角質や脂質を分解することによって独特のニオイとなってしまうのです。
細菌が繁殖してしまう原因はこれらの角質や垢だけでなく、汗によって足裏がアルカリ性に傾くことにもあります。

肌は基本的に弱酸性を保っているため細菌はそれほど繁殖しません。

しかし、汗をかいて足裏がアルカリに傾くと細菌に最適な繁殖場所となってしまうのです。

クエン酸で本当に足の臭いが消えるの?

クエン酸はその名前の通り、酸性の物質です。
なぜ酸性のクエン酸ローションを足に塗ると匂いが消えるのか。
それは、臭くなった足のpH値がアルカリだからです。

要は、クエン酸を水で薄めたモノを足裏に塗ればアルカリに傾いたph値を中性に戻すことが出来るというわけなんですね。
クエン酸ローションの作り方も簡単で、水50mlに対して耳かき1杯程度のクエン酸を混ぜるだけ。
これだけでクエン酸ローションの完成です。

これをコットンや手などで臭くなった足裏部分に塗っていくだけで十分に消臭効果が得られるというわけ。
クエン酸の価格も1キロで600円~700円前後と安いので、安価に消臭ローションが作れるというわけです。

ただしここで注意しておかないといけないのが、クエン酸の濃度です。

「安いからいっぱい入れてもいいかな~」とか「いっぱい入れたほうが効くんじゃない?」いうような安易な気持ちで、大量のクエン酸を入れてはいけません!

クエン酸の濃度が濃すぎると肌が炎症を起こしてしまう可能性があります。

もちろん、きちんと容量を守って低濃度のクエン酸を使えば無害なのは言うまでもありません。
だって、飲み物や食べ物に含まれている成分んですからね(汗)その点だけ気をつけて貰えればよいかと思います。

まとめ

以上、足裏の嫌な臭いをクエン酸ローションでケアする方法についてお伝えしました。いかがだったでしょうか?
クエン酸でわざわざローションを作って足の臭いをケアするのが面倒だ・・・という方は、足用の消臭ローション
を購入するのが一番ラクだと思いますよ。

また、他にも足のニオイをケアするためのグッズはたくさんあるので、色々と自分なりに試してニオイのない足を目指しましょう!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る