記事の詳細

足の臭いの原因は、足の角質と汗、そしてムレということを以前の記事でお伝えしました。

では、水虫などの病気でもないのになぜ臭ってしまうのかというと、大元の原因としては何らかのストレスによって精神性発汗が起こっているからと考えられます。

精神性発汗を起こしやすい人は、実は優しくて真面目、そして努力家であることを知っていましたか?

その事実を知ると、「いつもぶっきらぼうだったお父さんの足が臭かったのは、心のなかでは色々と考えていたから」というようなちょっと素敵なエピソードが見えてくるかもしれませんね。

ということで、ここでは精神性発汗による足の臭いについてもう少し詳しくみていきたいと思います。

足が臭いのは優しいしるし

足がくさい人の特徴としてよくあげられるのが、真面目、努力家、恥ずかしがり、優しいなどです。
誰しも表向きの性格や本当の性格にある程度の差異がはるはずです。

ですがここで挙げた性格の人は、表向きの性格と本当の性格の差が大きい傾向にあるため、ストレスを感じやすいのです。

そしてこういう人の多くは、「自分のせいで他人に迷惑をかけてはいけない、あるいは迷惑をかけているのでは」ということを常に考えて行動しています。

悪く言えば他人のことを気にしすぎとも言えますが、そのような繊細な心を持っているため、普通の人が笑い飛ばしてしまうようなことでも必要以上に悩み、ストレスを抱え込んでしまうという特徴があります。

これは私にも思い当たる節が多くあり、それこそヒヤヒヤしながら書いている次第ではありますが(汗)、確かに私もこのように考えている時期は足が異常に臭かったのをよく覚えています。

精神性発汗は克服することは可能!

しかし、気にすれば気にするほどその泥沼にハマってしまい、足の臭いが気になって体臭恐怖となってしまう可能性も否定できません。ですから、「臭いものは臭いんだ!」と開き直ってしまうのが良いでしょう。

病は気からという言葉もあるように、気にしていては何も変化はしません。
自分ができることから変えるべきなのです。

精神性発汗は自分の気持ちと連動していますから、不安に思ったり緊張したりすると出やすくなります。
「臭って結構!臭けりゃ臭いと言ってください!」くらいにドーンと構えていればストレスも減りますし、「自分だけじゃなくて他にも足の臭いで悩んでいる人はたくさんいる」と考えれば、大したこと無いと開き直ることも出来るでしょう。

気にしなければ精神性発汗は克服が可能なのです。過剰に気にしすぎるからダメなのです。

あとがき

以上、足が臭い人は優しく真面目で努力家が多い理由についてお伝えしました。いかがだったでしょうか。

私も一時期働いている時、人間関係が上手く行かないときなどは強いストレスを感じていました。
当然その日仕事から帰って靴を脱ぐと、とんでもない臭いがしたことをよく覚えています。

しかし、次第に人間関係が円滑に進むようになると足の臭いは殆どなくなってしまいました。
経験上、精神性発汗は克服が可能と分かったのですが、誰に対しても当てはまるわけではありません。
そんな時は環境を変えるなどの方法をとることも大事かもしれませんね。

とはいえ、そんなにホイホイと環境を変える事のほうがストレスが大きいので、まずは地道にその場になれることが大事です。

なれない間はストレスで足が臭くなってしまうでしょうから、ニオイを防止するためにも足のニオイ解消グッズを活用してみてくださいね。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る