記事の詳細

なんだか最近うんちのにおいがすごく気になる・・・。こういう状況って、意外とあるものです。いつもならふんふふーん♪とトイレを済ませていたのに、最近になって消臭スプレーに頼らないとダメなくらい便のニオイがトイレに残る。

こんな経験をしたことがある方は、もしかしたら腸の状態がよくないのかも。この記事では便のニオイから見えてくる腸内環境の悪化についてみていきたいと思います。

便のニオイは本来それほどクサイものじゃないんです!

便というと、クサイというイメージしかありませんよね。食べ物の残りかすである以上ニオイがあるのは当然。どんな人の便でもそれなりに臭うものです。ですが、本来は便そのものに悪臭は無いと言われています。うんちが臭くないってどういうこと?と感じますよね。

じゃあどうして便が臭くなってしまうの?

便が臭くなってしまう原因は、食べ物が体内で消化されるときに吸収できずに残ってしまったタンパク質や脂肪が腸の中で細菌(ウェルシュ菌や大腸菌など)によって分解・発酵することによって悪臭となってしまうそう。

「体内で上手く栄養素が吸収されなかったから、食べ物のニオイがそのままうんちについてきちゃった!」という単純な話ではないんですね。

腸内細菌によって分解されたて発酵した食べ物の残りかすが腐敗物となり、悪臭を発するようになるのです。

大腸でタンパク質が分解されるとアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などの物質が発生するため便が臭くなると言われています。

このように、ではどうしてタンパク質などの栄養素がうまく吸収されず便が腐敗臭を放つようになるのか。それは、食べ物をしっかり噛まずに飲み込む咀嚼不足、毎日の生活から生じるストレス、そして腸内の汚れです。

便のニオイを抑えるにはどうすればいいの?

咀嚼不足、ストレス、腸内の汚れが原因といっても、そう簡単に改善出来るものでもないですよね。咀嚼不足は毎日の習慣ですし、ストレスだって自分の生活を変えなくちゃなくならないもの。ましてや腸内の汚れと言われてもどうすればいいのか検討もつきません。

ですが、ここまで原因わかっていればあとは意識して改善していくほかありません

咀嚼不足ならしっかり食べ物を噛んでから飲み込む、ストレスが多いならストレスを減らすよう努力する、腸内の汚れは納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂取することで改善できます。

コツは、とにかく意識してやることです。噛む回数なんていちいち考えていられない・・・。そう思うかもしれませんが、しっかりかまなきゃうんちがくさくなる!と考えて一口で20~30回ほど噛むよう努力しましょう。

職場のストレスが多いなら、週末にはしっかりとストレス解消のための行動をしましょう。趣味に没頭する、外出する、ドライブにいく、スポーツを楽しむ・・・など、たくさんストレスを解消する方法はあるはずです。

まとめ

以上、便がいつもより臭いと感じたら腸内環境悪化サインかも!?便臭の原因とは、についてお伝えしました。いかがだったでしょうか。便のニオイは毎日気にしないと意外とわからないものです。

ですが、気になりだしたら今度は敏感になりすぎて「なんでこんなにクサくなってるの!?」とびっくりしてしまうほど。気づいてしまったら、それはそれでラッキーと思ってしっかり自分の生活習慣を見なおしてみましょう。

もしかしたら、タンパク質のとりすぎとかストレスが多い生活をしてしまっているとか、あるいはほとんど噛まずに食べ物を飲み込んでるなどの生活のアラ(粗)が見えてくるはず。まずはそれらをしっかりと改善してみてください。そうすれば気になっていた便の臭さも改善されているはずです。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る