記事の詳細

この記事の所要時間: 438

自分の汗がクサくて周りにどう思われているか怖いから考えたくない!
気温も湿度も高くムシムシした日ほどそう思うますよね。

日中にじわじわと出てくる汗は服に染み付いてワキの汗じみやニオイにつながってしまいます。
そう聞くと、じゃあ汗出さないようにしなきゃ・・・!なんて思ってしまいがちですが、実際は汗そのものが臭うわけではないんです。

汗から出てくるミネラルを栄養にして繁殖した雑菌がニオイの原因なんですよ。

より詳しく知りたい方は上記の記事を読んで頂ければよいですが、簡単に説明します。

汗腺(エクリン腺)からでてくる汗は血中に含まれるミネラル分を水分とともに排出し、必要に応じて再吸収されます。
しかも、塩分も一緒に出てくるため殺菌作用により臭くなりにくいんです。

ですが汗腺の機能が低下していると、再吸収機能がうまく働きません。
体温調節の機能をうまく果たせず、汗がダラダラと流れでてしまうということも。
それにより、なかなか乾かないベタついた汗になってしまうというわけですね。

そして、再吸収が出来ないということは汗で流れたミネラル分がそのまま肌に残り続けてしまうことでもあり、より雑菌が増えてしまいます。それにより、ニオイも強烈になってしまうんです。

弱った汗腺を再び機能させる運動のすすめ!

弱ってしまった汗腺の働きを取り戻すためには、やはり汗をしっかり流すことが大切です。
汗を出して汗腺を鍛えることは、最終的にすっぱい汗臭さを防ぐことにつながるからですね。

しっかり汗を流すには運動が一番効果的。ニオイを防ぐために汗を抑えようというのも一理あるわけですが、でも根本的なニオイ解決にはつながりませんからね。

やはりそこはきちんと体の調子を整え、根本的な原因を解消することが大事です。
汗が出にくい体質だと自覚している人は積極的に運動を取り入れてみましょう。

スロージョギングで汗を流そう!

オススメの運動はスロージョギング。
ジョギングやランニングは運動不足の状態出始めるととてもつらいので1日で諦めてしまう可能性が高いです。

そこでスロージョギングに注目しましょう。スロージョギングは会話できるくらいのゆったりペースで走るジョギングのこと。
早歩きくらいのスピードで走るようなものと思っても差し支え無いでしょう。

スロージョギングは年代や性別関係なく手軽に取り組める運動ですし、遅筋を使うため脂肪燃焼にも効果的です。
体臭が臭くなってしまう原因には肥満も含まれるため、この機会にダイエットとしても取り組んでみるのもいいかもしれません。

スロージョギングのポイントは、疲れない程度の速さで走ること。
疲れてしまうと翌日の生活に影響が出てしまいますよね。

ジョギング(スロー含む)は全身の筋肉を使う運動なので、最初に走った翌日は全身が筋肉痛になってしまう可能性は高いです。
ですが、筋肉痛は3日すればきっちり治りますし次に走るときは筋肉痛にならないはずです。(超回復による筋肉の成長)

少し疲労感が残るくらいで、20分~30分ほどのんびり走れば汗もしっかり出てきますよ。
長年運動してこなかったという人は体力も筋力もかなり落ちているはず。ですので最初の1ヶ月ほどはウォーキングから初め、2ヶ月目頃からスロージョギングをはじめるのが理想です。

ただ、汗腺を鍛えるという目的なら最初からスロージョギングでも問題はありません。
(もちろん疲れ果ててしまわないよう注意すべきですが)

そうして数ヶ月ほどスロージョギングをしていれば、今までじわっと出てきていた汗がブワッと玉のように出てくるようになります。

汗の出てくる量が増えてきたということは、汗腺の働きが戻ってきたということでもあります。
運動前にしっかりと水分をとるようにすれば、より汗が流れるのを実感出来るようになりますよ。

運動後は着替えてキレイな服で過ごすことで服が汗臭くなるのを防げます。

お風呂でもしっかり汗を流そう

運動だけでも十分汗腺は鍛えられますが、お風呂もしっかりと湯船に浸かれば疲れも取れて汗もでるという一石二鳥の状態に。
一日の終りくらいシャワーではなく湯船でリラックスする習慣をつけることで、自然と汗腺の働きを促進できストレスも和らぎます。

お風呂用のアロマなどを活用するのも良いかもしれません。
湯上り後は汗が出なくなるまで待ち、汗をキレイに拭きとってから着替えましょうね。

まとめ

汗臭いから汗を止めよう!は遠回り。
汗はどんどん出して汗腺の働きを正常にすることで、ニオイを予防することは可能です。

それに、運動すればダイエットにもつながって一石二鳥じゃないですか。
大変かもしれませんが試してみる価値は十分あると思います。

もちろん、仕事中の汗が気になって仕方ない時もあるかもしれません。
そういう時はハンカチやデオドラントクリームを活用して一時的に汗を止めたりすることでニオイを防ぐというのも大切です。

臭いのはエチケットとしてダメ、だから汗は出しちゃダメ!なんて思っていると、余計に出てきてしまいますよ。
汗が出ても再吸収されるから大丈夫!とどーんと構えている方がストレスもなくラクです。

もっと気楽な気持ちで、汗腺を鍛えながらニオイ対策につなげてみませんか?

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る