記事の詳細

この記事の所要時間: 559

女性は40代~50代を迎えるに辺り、更年期と呼ばれる時期にさしかかります。
更年期とはカンタンに言えば、女性が閉経を迎える時期のことを指します。

更年期を迎えることでホルモンバランスが崩れてしまい、自律神経の調節がうまくできなくなる方が多いんですね。
自律神経は汗をかく機能=発汗作用にも大きく関わっているため、更年期を迎えると嫌な汗をかくことが多くなってしまうのです。

更年期がクサイのは汗をかきすぎるから!

更年期を迎えると嫌な汗をかくことが多くなる、というのは上でお伝えしたとおり。
ホルモンバランスが崩れて自律神経の調節がうまく行かなくなってしまうのが原因なんです。

最近なんだか暑くもないのにやたら汗をかいてしまう・・・そんな40~50代の方は更年期の症状が出始めている可能性が高いです。

また、更年期には汗がたくさん出る以外にも、精神的なイライラが増える、というのも挙げられます。
これらの悪循環によって、イライラが増える → 精神性発汗が増える → ニオイがきつくなる・・・・という負のスパイラルに陥ってしまうわけですね。

この更年期の汗というのは時間も場所も時期も関係がなく、汗が多く出てしまうのが特徴です。
多汗症の場合は手のひらや足にあせをかくことが多いのですが、更年期の場合は手足にはほとんど汗をかきません。

その代わり、顔や首・胸のあたりにダラダラと汗が出てきてしまいます

更年期の汗は嫌になるほどベタベタしている

運動何かをして出てくる汗って、さらさらして放っておいても勝手に蒸発してしまいますよね。
でも、更年期の汗はベタベタしていて非常に気持ちが悪いのはご自身で経験されているとおり。
これは精神性発汗によるもので濃度が濃く、蒸発しにくいためです。

普通の状態であれば体温調節機能によって汗はすぐ蒸発するのですが、更年期だと体温調節機能がうまく働かず鈍ってしまうため、汗を蒸発させることができなくなってしまいます。

そのため、延々とダラダラ汗を流し続けることになってしまうというわけ。
しかもこのベタベタした汗にはアンモニアなどのニオイ成分がたくさん含まれていて、汗そのものがクサイという状態になっているんですね。

普通の汗にはニオイ成分はあまり含まれておらず、少量含まれている栄養分をエサに増殖する雑菌がニオイの原因なのですが、更年期の場合は汗そのものがニオイの原因になってしまうというわけなんですね。

更年期のクサイしべたつく嫌な汗の対処方法って?

更年期特有のべたつく上にニオイの原因そのものである汗。

変な汗が出始めたらまずは腹式呼吸で一息つくことが大切。
こうすることで交感神経を落ち着かせ、ダラダラと汗が出続けるのを防げます。

一息ついたところで、さあこの汗、どうやって対処したら良いのでしょうかというと、まず最初に思い浮かぶのは衣類を吸水性・通気性の良い物に変えることです。

通気性のよい服やファッションを選ぼう

例えば、今までは機能性は無視して自分の気に入ったデザインのもの、柄が気に入っていた服などを選んでいたかもしれません。

もちろんそれでも良いのですが、汗をたくさんかいてしまう更年期では通気性や吸水性などの機能性を重視したほうがよい結果(もちろんニオイ防止として)に繋がるはず。

付け加えて言えば、カンタンに脱いだり羽織ったりできる気軽な着こなしにするのもポイントでしょう。
体温調節機能がうまく働かないのであれば、自分で調節するしかありません。

できるだけ風通しを良くしてベタついた汗を乾かせるようにするというのが重要ですよ!

カンタンなウォーキングやジョギングなどの運動を毎日30分取り入れる

更年期は無駄に汗が沢山出てくるので、汗を抑えたほうがいいのかな?という発想につながりがち。
でも汗を抑えるのではなく、いい汗をたくさん出すことのほうが効果的に多汗予防につながります

そういう意味では運動は欠かせません!
汗をかくためには一生懸命運動しなければいけないと思っている方もいるかもしれませんが、軽い運動を少し長めに行うだけでも汗はたくさん出てきます。

おすすめなのは、毎日30分間だけのウォーキングやジョギングです。
毎日30分と区切ることでメリハリを付ければ「よしやろう!」という気分になりますのでしっかりと汗を流せますよ。
ほどほどの運動をすることで血流を促進し、良い発汗につながります。

また、運動不足の解消にもつながるのでニオイ改善だけでなく肥満の予防にも効果的なので、毎日の生活にぜひ取り入れてみてください。

入浴は15分程度を目安にゆっくり浸かる

運動だけでなく入浴も血行促進につながるため効果的です。
時間がなくて湯船にゆったり浸かれないという方もいるかもしれませんが、ニオイ対策の一貫として時間を取ってゆっくり湯船に浸かるのを習慣にしてみてください。

ゆっくりと15分程度を目安に浸かることで、ニオイ成分を含んだ汗をしっかりと排出できるためニオイにくくなります。
合わせて、毎日のお風呂を酢風呂にするとさらに効果的にニオイを予防することが可能になります。

お風呂用の木酢液などを湯船に混ぜて15分程度ゆっくりとリラックスすれば、疲れもニオイも取れて気持ちが楽になるはず。

食事も血行促進に繋がるメニューで発汗UP!

食事面でも血行促進=発汗力UPに繋がるメニューを考えたいところですが、血行を良くする食べ物といえばお馴染みのショウガがありますよね。

ショウガをお風呂あがりにいっぱい飲むのを習慣づければ、お風呂でも汗をだし、さらにお風呂あがりにもドバっと汗を出すことができます。

毎日繰り返せば嫌なニオイ成分もしっかりと排出できるので続けるのがポイントですね。
ただし発汗が多くなると肌の乾燥にも繋がるため、ポリフェノールを含む梅干しや赤ワインなどを摂取したり、乾燥を防ぐための保湿ジェルなどをしっかりと活用しましょう!

逆に身体を冷やす食材は血行を悪くさせ、発汗を抑制してしまうので摂取は控えめのほうがいいかも。
風呂あがりの冷えたお茶や牛乳は美味しいですが、血行促進の面から見るとNGですので気をつけましょう!

まとめ:更年期のクサイ汗を上手にコントロールして臭わない淑女に

というわけで、更年期独特のニオイの原因とその対策方法についてまとめてみました。
当然ながら、更年期はカンタンに乗り越えられるものではありませんし、心理的は負担も大きくなるはずです。

ですので、ここでまとめている全てのことをして改善できなかったからといって悲観するようなことは全くありません。
ニオイが出てしまうのは当然のことと思ってドーンと構えているくらいの気持ちを持つことが大切ですよ!

しっかりと更年期特有の汗をコントロールして、クサくないミドルエイジを目指してくださいね!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る