記事の詳細

加齢臭やミドル脂臭、ワキガや汗臭い人、あるいは口臭が臭い人って、なんだか近づきたくないですよね。

そう思われている当人はショックでしょうけど、でも実際そうなんだから仕方がないわけで。
しかし何かしらの活動や仕事などチームで動かなければならないとき、あるいは取引先の人なんかの場合は四の五の言っていられません。

あるいは家族の体臭が物凄くキツイというケースもありますよね。この場合は逃げようがありません。

そこで、体臭や口臭がきつい人との付き合い方についてここでは考えてみたいと思います。

クサイのは仕方ない!許容する広い心を持とう

まず最初に断っておきますが、ニオイがあるのはおかしいことではありません
むしろ全くニオイがない方が逆にヘンなんですよ。

現代の清潔志向によって「クサイにおい=悪」と捉えられることが多いですが、通常私たちの体は何らかのニオイを出しています。

口臭や体臭など明らかにいつもと違うニオイがする、そんなときは体の不調に気づきやすいです。
しかし過剰なほどのニオイケアをしてしまうと、自分の体の異変に気づきにくくなってしまうのです。
だからこそ、体臭ケアはほどほどが一番大事なんですよね。

あなたがクサイクサイと思っている人でも、なんの対策もしていないというわけではないかもしれません。

実はちゃんと歯医者に行って歯周病対策を始めていたり、健康のために運動を始めたりしている…そんなタイミングの人もいるかもしれません。

ですので、頭ごなしに「このひと体臭対策何もしてないんじゃ…?」と考えるのではなく、「何かしてると良いな」くらいに思ってあげましょう。

もちろん現状クサイというのは関わる身になると辛いものですが、あなたが臭い人の立場になったらどうでしょう?

ニオイで避けられるのはつらいですよね。なので、「ニオイは…まぁしょうがないか」くらいの広い心をもって接することが大切ではないかと私は思います。

今後は高齢でも現役でバリバリ働く人は今よりも増えると思われますし、コンビニやスーパーなど行く先々で元気に働く高齢の方を見かけるようになるでしょう。

そのたびに「ウッ…加齢臭が…!」と気にしてなんていられないです。
ある程度ニオイに対して許容する心を持つことが大事でしょう。

対面でもニオイが届かないギリギリの範囲を見極める!

そこで大事なのが、文字通り相手との距離感を見極めること。
どこまでならニオイが届かないのか?というのをうまく見定めることで、自分も不快にならずまた相手もつらい気持ちにならずに過ごすことが可能。

とはいえこれは理想でしかなく、実際はニオイが届く範囲で話をすることがほとんどだと思います。
そんなときにあなたができる対策は一つだけ!

慣れるのが一番ラクです。
ちょっとクサイなぁと感じるニオイでも、毎回嗅いでいたらいつの間にか慣れてしまうもの。

例えば家族の加齢臭がひどい場合でも、慣れれば多少は楽になりますからね。

個人的な話をすれば、私の家族は加齢臭もそうですが、とにかく全体的に(?)クサイです。
ですが一緒の家に住んでいますからもう慣れてしまいました…。

まあ外出しているときはリセッシュやファブリーズなどを使って部屋を消臭したりはするんですけどね。
ある程度仕方がないという気持ちと慣れのおかげで普通に過ごせていますが、なかなか強烈なニオイだと思います。

もっと自分のニオイを自覚してほしいなぁ~…と思いながら日々過ごしています。

ともあれ、他人のニオイを嗅いで死ぬほどクサイと感じることはあれど、実際に生命の危機を感じるようなことはまずないですよね。

ですから最初に書いたように、ある程度許容する気持ちが大事になるわけです。
まあ心のなかではクサイなぁと思いつつ、普通に過ごしていれば問題はないと思いますよ。

まとめ:人としての思いやりを大切に!

というわけで、ざっくりと臭い人との関わり方についてまとめてみました。
ここでまとめたことのほとんどは、ある程度大人な考え方・対応ができる人向け。

ちょっとのことでもすぐに感情に出てしまうような人向けではありません。
特に若い人だと思ったことを口にしないと気が済まない、なんて人もいるでしょう。

ですが、何でもかんでも言えば良いというものでもありません。
自分の一言で相手が物凄く傷つくことだってあるわけで。
コンプレックスに感じている部分やニオイなんかは特にデリケートな話題なので、少し注意することが大切ですよ。

加齢臭が臭かろうが口臭が臭かろうが、思いやりを持って接することが人として大切なことではないでしょうか。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る