記事の詳細

この記事の所要時間: 359

自分のものだけでなく人のニオイも気になって仕方がない夏が終わり、いよいよニオイなんて気にしなくていい冬の到来です。もうデオドラント化粧品に頼らなくていい生活になると思うとホッと一息ついた人もいるんじゃないでしょうか。

汗やワキガといったニオイは概ね気にしなくても良いようにはなるものの、意外な落とし穴があるのが冬なんです。
ここでは冬のニオイ対策について考えていきましょう。

何もしなくていいは☓。冬でもニオイ対策は必要です

服は厚着になるしそもそも汗をかかないからニオイなんて気にしなくて良いよね…そう思っていた時期が私にもありました。ですが、むしろ冬は暖房があるところにいる+厚着によって汗をかきやすくなります

当然夏のようにドバドバと汗をかくようなことはありませんが、じめっとした汗になりがちで湿気がこもりやすいため、雑菌も増えやすくなります。

ニオイの根本的な原因は雑菌の増加ですから、暖房がよく効いた部屋+厚着で密閉されたワキなんか雑菌の大好物の場所。だから冬でも油断してはいけないんですよね~。

また、立ち仕事の人もいつも通り足のニオイには気をつけたほうがいいですね。

特に冬は忘年会や新年会なんてイベントもありますから、コートを脱いで隣りに座った人からモワッと臭ってきた時はつらいです。なので根本的な対策…つまり厚着で温かい格好でも雑菌を繁殖させないような対策が必須となります。

冬のニオイ対策も基本は夏と一緒です!

具体的に冬はどんなニオイ対策をすれば?と思うかもしれませんが、基本的には夏と同じでOKです。

まずニオイがこもるのと雑菌の繁殖を防ぐために脇毛はきちんと処理しましょう。これは男性でも簡単にニオイ対策に繋がるので実践してみるといいですね。次にデオドラントクリームなどをワキなどのニオイが気になる部分につけておきます。

デオドラントクリームはニオイの元となる雑菌を殺菌する成分が含まれているうえ、汗の分泌を抑える成分も配合しています。従って、ニオイを根本からシャットアウトできるというわけですね。夏は結構ニオイに敏感なのに冬は無頓着…という方は今一度チェックしておいたほうが良さそうです。

オススメのデオドラントクリームについては以下の記事でまとめていますので参考に。

参考記事:【必読】体臭を確実に抑えるためのデオドラントクリームランキング

この2つの方法で冬のニオイ対策はバッチリです。

冬は布団や衣類に染み付いたニオイが体に移らないよう注意!

日中のニオイ予防は脇毛の処理やデオドラントクリームでできますが、それ以外にもニオイの原因となることはあります。それが、布団や衣類ですね。冬はあまり汗をかかないため、部屋着は1週間に1度程度しか洗濯しないという人もいるんじゃないでしょうか。それ、確実にNG!

というのも、当然ながら冬も微量ながら汗を放出しているからです。加えて肌の乾燥を防ぐために皮脂も分泌されているため、布団や部屋着をそのままにしていると結構臭くなってしまうんですよ。ニオイは自分では気づきにくいため、クサイ状態のまま外出しているという場合も。

特に冬は寝る時寒いので電気毛布などを使う人もいるでしょう。その熱で知らない間に発汗し、汗を吸収した布団やシーツ、枕がニオイの温床になっている事も考えられます。

従って、冬場は以下のニオイ対策も必要になってくるでしょう。

・部屋着も毎日きちんと洗濯!
・シーツも定期的に洗濯
・布団や枕は天気のいい日に天日干し

ただ外に干すときの注意点として、カメムシがくっついて部屋に入らないようにすること。秋冬になるとやたら増えてくる茶色くて大きなカメムシ(クサギカメムシと言います)から放たれるニオイは強烈で、ついたら丸一日は消えません。

ですので天日干しする時は午前中に干し、15時までには取り込むようにしましょう。取り込む際に虫がついていないことも確認してくださいね。

まとめ:冬でもニオイ対策を万全に!

というわけで、冬のニオイ対策…主に体臭について考えてみました。冬は汗をかかないと思って気を抜く人が多いですが、実際は暖房のきいた部屋で仕事をしていると普通に汗をかいてしまうもの。

なので、冬だからニオイ対策は不要と考えず夏と同様しっかりと行うべきです。そしてそれが翌年のニオイ対策に直結します。面倒くさいと思ったらそれまでですが、できれば人に不快な思いをさせたくはないですよね。

ニオイ対策はもはやどの世代、どの季節であっても避けられないエチケット。自分は大丈夫と思い込まず定期的にチェックしてみることをおすすめします。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る