記事の詳細

この記事の所要時間: 352

10年後、あなたは一体どんな人になっているでしょうか?
今20代でも結婚して子供ができているかもしれませんし、30代の方はそれなりに仕事で功績を残して役職が付いているかもしれませんよね。
充実した人生を送っている最中かもしれません。まさに人生の黄金期とも呼べる期間を生きているかもしれませんが・・・・。

あれ?なんかおっさん(おばさん)クサイ?

ひょっとしたら、今あなたが10歳年上の人に感じている加齢臭を今度はあなたが10年後に発しているかもしれません。
若い間は特に臭わなくても、年齢を重ねれば加齢臭は出てきてしまうもの。
そしてそれは若い時からの生活習慣の積み重ねが大きく影響しています。

10年後、あなたが加齢臭で悩まされないために今できることは何なのでしょうか?
ここでは若いうちからできる加齢臭対策についてお伝えしたいと思います。

若い時からできる加齢臭対策とは?

多くの人の場合、加齢臭は40代以降に発せられると言われています。加齢臭の原因であるノネナールは30代ではそれほど分泌されていません。
となると、対策のしようがないと思ってしまうものです。

しかしよく考えてみてください。

加齢臭がきつくなる習慣を思い出してみると、実は普段の生活習慣が大きな原因であるとわかるはずです。

参考記事:生活習慣を振り返って!加齢臭をキツくする10の悪習慣と対策

ということは、言い換えれば20代30代のときの生活習慣が10年後の加齢臭のキツさに大きく影響しているということ。

20代30代で食事は肉類ばかり、運動習慣もなし、仕事は深夜までが当たり前というような生活をしていても別に病気になったりしませんよね。
これは体が若いためです。

しかし年をとってもその習慣を続けていると、やがて体がついていかなくなり加齢臭だけではなく肥満などの生活習慣病や重い病気の原因となってしまう可能性もあるのです。

そして、長年染み付いた習慣を変化させるのは簡単ではありません。
ですから、若いうちから体を気遣った生活習慣にすることがとても大事なのです。

では、10年後に加齢臭が臭わないために今できることは何なのでしょうか?

若いうちからの加齢臭対策

まずはじめに考えられることは、規則正しい生活習慣にするということです。
睡眠時間をしっかりと確保し、食事を3食きちんと食べるといった当たり前のことができていない人は意外と多いものです。もしかしたらあなたもそうかもしれませんね。

まずはこのような規則正しい生活習慣を心がけてみてください。

次に、食事内容ですがこれも和食を中心としたサッパリとしたものに変えること。どうしても若い時期は脂っこいものや肉類などが食べたくなるものですが、肥満の原因にもなりますし、皮脂分泌を促進してしまいます。

20代30代の皮脂分泌のにおいは加齢臭ではありませんが、クサイことに変わりはありません。

大豆や海藻類などの食物繊維やタンパク質が豊富に含まれている食品を食べる習慣をつけることで、10年後に加齢臭で悩むことが少なくなるでしょう。

特に大豆には体内の活性酸素を抑える働きがあります。活性酸素はストレスにより増加し、加齢臭のニオイをキツくしてしまう原因です。ストレスは自分で発散していくしかありませんが、活性酸素を抑えられる食品を積極的にたべることで効果的に加齢臭対策ができるはずです。

ストレス自体の発散方法については、これは運動など体を動かすことを趣味にするのが効果的です。体を動かすことで肥満の予防になりますし、加齢臭の原因となるストレスを発散できます。

今現在肥満だ、という方はダイエットに取り組んでみるのもいいでしょう。

まとめ

以上、10年後に加齢臭で悩まないためにあなたが今できる対策についてお伝えしました。いかがだったでしょうか?
三つ子の魂百まで、とはよく言うもので、若い時からの習慣はなかなか変えられるものではありません。
ですが、10年後にあなたがパートナーや友人知人、家族から「クサイ!」と言われたらどうでしょうか?ショックですよね。
そうならなためにも、若いうちからの対策が重要になるのです。

対策と言っても、実際のところは生活習慣を改めようというだけの簡単な話です。(それが難しいわけですが…)
いずれにせよ、若い時から良い習慣を身につけておけば後々困ることは少なくなるはず。

今からできる対策をしっかりと講じて、10年後の加齢臭に備えましょう!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る