記事の詳細

年をとるにつれて、「自分も何だか体の調子が悪くなってきたなぁ・・・やっぱり歳かな?」と感じることも少なくありませんよね。日頃の生活習慣からくる様々な生活習慣病の予防もしなければならないのが中高年なのです。

そして、今後ますます注目されてくると考えられるのが、加齢臭ですね。今も十分注目されていますが、今後はニオイ対策に対する需要は増えるでしょうから、加齢臭対策は欠かせなくなるはずです。

ここでは加齢臭がどうして発生するのかについてお伝えしていきたいと思います。加齢臭発生の仕組みを知ることで、どうやって予防すればいいのか、どうやったらニオイを抑えられるのかがわかると思います。

しっかりと加齢臭対策をおこなって、これからの無臭志向時代に備えてくださいね。

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質が原因

くさいくさいとやたら嫌煙されがちな加齢臭。
この加齢臭の原因は一体何なのかというと、「ノネナール」と呼ばれる物質。
ノネナールは皮脂腺から分泌されるパルミトレイン酸という脂肪酸が過酸化物質と結合することで分解・酸化して出来る物質なんです。

ノネナールとは?

人の体は皮膚の潤いを保つために皮脂を分泌する皮脂腺があります。
年齢を重ねると皮脂腺の中にパルミトレイン酸という脂肪酸と過酸化物質が増加していきます。

ここで発生した過酸化物質と皮脂が結合し、脂肪酸がどんどん連続して酸化・分解を繰り返すようになります。
すると、ニオイ物質であるノネナールが発生してしまうのです。

加齢臭ってどんなニオイなの?

さて、加齢臭の発生原因はこのへんにしておいて、次は実際の加齢臭のニオイについてみていきたいと思います。
加齢臭のニオイと言われてもピンと来ない方が多いのではないでしょうか?

加齢臭はよくロウソクのニオイや年代モノの古本のようなニオイと言われます。
実際に60歳以降の人が前を通り過ぎたりするとこのようなニオイがしますね。

というのも、ニオイへの感性というのは人によって異なるからです。
嗅覚は3~4歳頃でほぼ感性されているともいわれています。つまり、この時期にまでに祖父母など加齢臭を放っている人と一緒過ごす事が多かった人はそれほど加齢臭をイヤな臭いと感じることは無いのです。

では、どうして加齢臭が臭いと言われ始めたのか。
これは、現代人の核家族化がひとつの要因としてあげられます。祖父母とは別居の生活をしていると加齢臭に慣れること無く成長します。

ですから、加齢臭に敏感になってしまうというわけなのです。昔は2世帯住宅が当たり前で、とりたてて意識するほどのものでもなかったといえるんですね。

要は、社会情勢が変わったので加齢臭は臭いと認識されるようになったというわけ。
というわけで、「昔は普通だったんだからいいじゃないか!」と言って加齢臭ケアをしないままでいると、部下や年下の友人から距離を取られてしまった・・・なんてこともあるかもしれません。

ですから、加齢臭はケアすべきものとおぼえておきましょう。

まとめ

以上、「加齢臭はどうして臭うの?臭いと気づかれる前に知っておきたいこと」についてお伝えしました。いかがだったでしょうか。
加齢臭は男女関係なく年をとると発生するモノです。

それに、社会的な情勢を考えると加齢臭のニオイケアはしなくてはならないものです。年上の人に「クサイ」と直接言うのは難しいので、自分から率先してニオイケアしていく必要があります。

自分ってそんなにクサイかなぁ・・・?と疑問に思っていても、周りの人は口には出しません。
自分から積極的にニオイケアをして、周りの人に不快な思いをさせないよう気をつけましょうね。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る