記事の詳細

この記事の所要時間: 310

朝起きた時に「あれ、なんか口クサイな・・・」と、自分で分かってしまうほど口の中がにおうという方、いますよね。

実は、実は夜寝ている間は口の中の殺菌力が低くなっていて、寝ている間に口の中で雑菌が繁殖してしまうのです。

そのため、朝起きた時に口が臭ってしまうのです。ですが、少し不思議ではありませんか?「昼間起きて活動している時は特に口が臭いとは感じないけど・・・」と思う人もいるはず。

これは、唾液が分泌される仕組みに大きく関係しているのです。
ここでは口臭と唾液の関係について詳しく見ていきましょう。

切っても切れない口臭と唾液の深~い関係

日中は口が臭くないのに、朝起きた時ににおう・・・これは、唾液の殺菌作用が密接に関係しています

唾液には殺菌作用があり、唾液が分泌されているとき人間の口はにおいが発生しない仕組みになっています。

唾液の分泌がスムーズであれば、多少においの原因となる菌がいても殺菌されてにおいは抑えられます。
ですが、夜になると唾液の分泌は抑えられます

このため、朝起きた時に口が臭う状態になってしまうのですね。

口が臭う原因は、唾液分泌の低下

日中は唾液が分泌されているので口は唾液の自浄作用によって、におわないと書きました。
しかし、「いやいや、起きている時でも口がくさいよ!」という方も中にはいるかもしれません。
その場合、唾液の分泌が低下していると考えられます。

唾液の分泌が減るシーンといえば、ストレスなどを感じた時が代表的でしょうか。
それ以外だと、空腹時や飲酒後も唾液の分泌は低下します。

唾液の分泌が低下すると口腔内の殺菌ができなくなってしまうので口臭が強くなってしまいます

不規則な生活を送っていると体内環境が酸化しにおう原因に

それ以外にも不規則な生活、偏食気味な人も口臭に悩まされやすくなります。
ダイエットなどで食事制限をして、朝食抜きや昼食抜きを繰り返していると、食事回数が少ないため唾液の分泌量が減ってしまいます。

そして、お菓子や油ものばかり食べるといったバランスの悪い食生活をすれば、体内環境が弱アルカリ性に保てなくなり、体臭が強くなってしまう原因になってしまうのです(もちろん、アルカリに偏りすぎるのもNG)。

体内環境のバランスをとることが最も重要というわけなのですね。
特に、体内環境が酸性に傾くとにおいの原因となるケースが多いので注意が必要です。

口の中が酸性に傾いてしまうと、においの原因だけでなく、内臓疾患の原因になることも。

デスクにコーヒーを常備している方、気晴らしにタバコを吸う方は注意しましょう。
コーヒー、タバコ、アルコールなどは口内環境を酸性化するので、口臭の原因となります。

コーヒー、タバコの臭いで悩んでいる方は多いですよね。
これらは口内環境が酸性になっているため起こるのです。

もちろん、コーヒーやたばこをやめろという話ではありません。
コーヒーは一日に1~2杯程度に抑えておく、タバコも1~3本程度にするなど、気をつければできることをしていけば口臭の予防になります。

いずれにせよ、規則正しい生活を送ることで口臭は抑えることが可能です。
毎日の生活を少し工夫するだけ。ほんの少しの努力です。頑張ってみてください。

今すぐ口のニオイを消臭したいならスプレータイプを使おう

口臭の改善にはサプリや直接口に吹きかけるスプレータイプの口臭対策グッズもあります。

じわじわと口臭&体臭を解決したいならサプリ、いますぐ口臭を消したいならスプレーを選ぶというように自分にあった口臭対策グッズを活用して、口臭を予防しましょう!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る