記事の詳細

この記事の所要時間: 317

口臭の臭さをごまかすためにコーヒーを飲む・・・・。
なんて、考えていませんか?コーヒーを飲めばコーヒーのニオイで口臭が消えるというのは、大きな間違いです。

コーヒーの出がらしには消臭効果があるため、部屋の生活臭をとるときなどに活用することは可能です。
しかし、コーヒー自体は口臭悪化の原因にしかなりません。

ここではおさらい的に今までお伝えした内容をみていきましょう。

どうして口臭が発生してしまうの?

まずはじめに理解しておくべきこととして、口臭には2種類があるのを知っておきましょう。
生理的口臭と病的口臭の2つです。

生理的口臭は朝起きたときや空腹時、緊張時に口が臭くなってしまうタイプです。
それに対して病的口臭は、虫歯や歯周病、胃腸の不良や体調不良などからもたらされるタイプの口臭のこと。

まずはあなたの口臭がどちらなのかを判断しましょう。

また、口臭の発生原因が舌にある可能性もあります。
舌の表面の舌苔が白くなっている場合は臭いの発生源となっているので適度に取り除くことが大切です。

舌苔を取り除く方法については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

コーヒーで口臭が悪化するのはなぜ?

では、コーヒーで口臭が悪化するのはなぜなのかというと、コーヒーには口の中のpHを下げる働きがあるからです。
口の中のpHが下がると、雑菌が繁殖して口臭が発生するのです。

また、コーヒーにはコーヒー豆の粒子が含まれています。
この粒子が下に付着することで焦げ臭い独特のニオイがしてしまうのです。

コーヒーを飲むと口臭がするのはある意味当たり前と言ってもいいのです。
なので、コーヒーで口臭をどうにかしようというのは根本的な間違いなのです。

においの上書きをしようと思っているかもしれませんが、上書きどころかニオイ+ニオイ=強烈なニオイになるだけなのでやめておきましょう。

口臭予防には唾液分泌が欠かせませんが、コーヒーには利尿作用により体の水分を排出させる働きがあります。
これにより唾液分泌のための水分が不足してしまうことも、口臭の原因です。

コーヒーを頻繁に飲んでいると口臭悪化のスパイラルに陥っている、というわけなのです。

口臭を抑えるための対策法は?

では、この口臭を抑えるためにはどうすればいいのかというと、コーヒーではなく水を飲むこと。

「一日5杯はコーヒーを飲まないとやってられないんだ・・・」というコーヒージャンキーな方も、口臭予防をしたいのであればコーヒーを飲まないようにすることです。

コーヒーを飲まなければ体の水分量も適度に保たれるため、唾液分泌によって口内の雑菌繁殖を抑えることができます。
どうしてもコーヒーを飲みたいのであれば、唾液分泌が盛んな食後にしておくのがベストです。

コーヒーを飲んだ後は1杯の水をのむことで、効果的に口臭予防が可能。
口の中に水を含んで、クチュクチュとゆすぐことでコーヒー臭さが無くなりますし、舌を口の天井にこすりつけることで舌苔をキレイにすることもできます。

まとめ

以上、「口臭消すためにコーヒーを飲むのは大間違い!悪化する原因に!」をお伝えしました。いかがだったでしょうか?
コーヒーは眠気防止のために飲むと効果的なのですが、口臭予防の観点からみるとイマイチおすすめできない飲み物なのです。

それを踏まえた上で、飲むように心がけたいものですね。
先程も言いましたが、コーヒー臭さで口臭を上書きしようというのはとんでもない間違いなので、絶対にしないように!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る