記事の詳細

タバコを吸っている人とすれ違うとモワッと漂うヤニ臭さ。
最近ではタバコを吸わない人が増えてきていて、喫茶店などでも分煙を掲げるお店も増えてきました。
喫煙所として設けられたスペースでしか喫煙できなくなり喫煙者の肩身は非常に狭くなっているのではないかと感じます。

私自身はタバコは吸わないため、タバコを吸っている人は口臭や体から発せられるにおいで「あ、この人タバコ吸ってるな」とすぐにわかります。

不快かどうかと言われれば確かに不快ではあるものの、不快さは人によりけりなので一概には言えません。
ただし、多くの人が大なり小なり不快に思っていることは事実でしょう。

ここではそういったタバコによる口臭の原因と対策方法について見ていきましょう。

タバコ臭さの原因とは?

「タバコ臭さ」と一言で言ってしまっては元も子もありませんので、タバコ臭さの原因について考えてみましょう。
タバコの煙にはタール・ニコチンなど様々な粒子、ニオイ成分が含まれており、これらの成分・粒子が口の中の粘膜や歯の表面舌表面の粘膜に吸着することで、タバコ独特のニオイを発生させます。タール臭さなどともよれています。

タールはいわゆる「タバコ臭」といわれる焦げ臭さを発し、周囲の人を不快な気分にさせる成分ですね。

また、ニコチンには血管を収縮させる作用があります。
そのため口腔内の血液循環機能が低下することで、唾液の分泌も同時に抑制され、よりタバコのニオイが強くなります

つまり、タールとニコチンによってタバコ臭と口臭をミックスすることになり、なんとも言えない不快なニオイを放つようになってしまうのですね。

タバコ臭をケアする方法

というわけで、どうにかこのタバコ臭さを解消しようと思ってこの記事を見に来たのでしょうから、以下にてタバコ臭さを解消するための方法をまとめてみました。

現実的な方法なので取り組むのには根気がいるかもしれませんが、本気でニオイを消したいと思っている方はチェックしてみてください。

手っ取り早いのはタバコを辞めること!

しょっぱなから申し訳ありませんが、タバコ臭を消す一番の近道はタバコをやめてしまうこと。

そんなのムリ!と思う方もいるかもしれませんが、最も良いのはタバコを辞めること以外にはありません。

タバコ自体に依存している場合は手放せない状態になっている可能性がありますが、なくても平気という人は口臭や体臭ケアの面、経済的な面から考えて禁煙、もしくはきっぱりとタバコを辞めるのが理にかなっているといえるでしょう。

ただ、それが一番難しいのですけども。

はぁ?タバコをやめられるわけないじゃないか!という方は、以下の方法でタバコ臭をケアすることができますので、ぜひ実践してみてくださいね。

一日に吸う本数を減らす

当然ですが、一日に吸うタバコの本数を減らせばニオイもそれに応じて弱くなっていきます。
一日1本程度吸うくらいなら、吸った直後でなければほぼ無臭といってもいいくらいのレベルになります。一

日一箱、20本吸っていたのを10本に減らす、10本だったのを5本に減らす、5本を3本に…というように段階的に減らしていけばそれなりに効果があると考えられますね。

ただし、ストレスを感じた時に無意識にタバコの本数が増えてしてしまう可能性も十分にありえます。
その時は諦めるしかありませんが、徹底したいときは家にもポケットにもタバコを置かないこと、そして新しく買わないことが重要になりますよ。

一日の本数と時間帯を決めておき連続して吸わないようにする

一本吸ったら次をスパスパ・・・これではタバコ臭さは持続的に放たれてしまうのは当然のことです。

そこで提案したいのが、タバコを吸うときにある程度の間隔を開けること
1時間ごと、2時間ごとだと間隔が短くニオイが消える前にまたタバコを吸ってしまうことになり、結果的にずっと煙草臭いということになってしまいます。

ですから、朝、昼、夜とタバコをすう時間帯と本数を決めておきます
そして、吸うとき以外は徹底的に吸わないように気をつけます。

タバコの臭いも一定時間すれば消えますから、その間に人と話しても「この人煙草臭い・・・」と思われることは無いでしょう。
減煙と合わせれば十分に効果的な方法といえます。

空腹時の喫煙は避ける

空腹時の喫煙は、空腹時口臭とタバコ臭が混ざって非常に不快なニオイになります。
ですからできれば食後など唾液が分泌されやすい時間帯を狙って吸うのがベストといえるでしょう。

ただし、タバコを吸う事によって唾液が分泌されにくくなるので水分補給も同時に行ってください。

気道に通さず口の中でとどめる

肺まで煙を送らずに口の中だけに留める方法です。
この方法では吸った感が無いかもしれませんが、肺に煙が送られないので血中にタールなどの独特のヤニ臭さい成分が含まれにくくなりますからそれなりに効果の見込める方法です。

こうすることで、体臭としてタバコ臭さが出にくくなると考えられます。
やや難易度の高い方法ではあるものの、体からのタバコ臭さを防ぎたいという時にはオススメ出来る方法です。

水分補給をする

水分補給は唾液分泌を促す上で非常に重要です。
唾液の90%以上は水分ですから、体の水分が不足すれば当然唾液の分泌も少なくなり、口臭の原因に。

ただでさえ唾液分泌抑制作用のある喫煙、水分補給を怠れば口の中が臭くなるのは当たり前ですね。
かならず一服したら水をコップ一杯飲むように心がけましょう。

そのとき、舌苔を洗うようにすれば効果的にタバコ臭さを消すことが可能です。

ちなみに、デートの時も安易にタバコを吸わないように気をつけましょう。
相手がタバコOKでなければ口がクサイままだとキスなんかも嫌がられてしまいますからね。

キシリトール入りのガムを口の中に含む

キシリトール入りのガムを口の中に含むのもとても効果的な方法といえます。
ガムを口の中に入れてコロコロところガスだけでも十分唾液の分泌を促すことができますし、外側の硬い部分が溶けてガムの中身がでてきたときに噛み始めれば、延々と唾液を分泌し続けることが可能。

口の中のニオイをケアするにはとにかく唾液の分泌を促すことが大事なのです。

あとがき

以上、タバコ臭の原因と口臭対策法についてお伝えしました。いかがだったでしょうか。
タバコのにおいを不快に思っている人は存外多くいるもの。

かといって、タバコを辞めたいと思わないとか、依存症になってやめられないという人もいるはずです。
しかし、タバコによる口臭や体臭をいちいち気にしているくらいならタバコは可能な限りやめた方がいいとここでは主張しておきます。

タバコは一概にダメとは言いませんが、口臭・体臭面、健康面、金銭面からみてもあまりメリットのないものと考えるのが妥当ではないでしょうか。本気でニオイを気にしているのなら思い切って、禁煙してみるといいかもしれませんね。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る