記事の詳細

この記事の所要時間: 340

あなたはいつも朝食を抜いてしまったり、適当にパンだけ食べているというような食生活を送ってはいませんか?
あるいは、外食ばかりで自炊することが無いという人も注意が必要。

知らず知らずのうちに口内環境を悪化させて口臭も悪化させているかもしれないのです!
ここでは口臭を予防するための和食について焦点を絞ってみていきたいと思います。

朝昼晩をきちんと食べることが前提!

まず口臭ケアの大前提として、朝食を食べることがとても重要ということについてお伝えしたいと思います。
朝食には、自律神経をリラックスした状態から活動するためのモードに切り替える役割があります。

要は交感神経、副交感神経を切り替えるはたらきがあるということ。
睡眠中は副交感神経が優位に働いているため、活動の準備ができていません。
副交感神経のスイッチを交感神経に切り替えて、身体を活動的にする役割が朝食にはあるのです。

また、朝食をきちんと取ることで口内の生理機能を安定化し、午前中に起こりやすい生理的口臭を予防してくれるなどのメリットがあるのです。

しかしそれらの働きがあることを知ってか知らずか、多くの人は朝食を抜きがち。
食べているけど少なめという方も多いはずです。

ですが朝食を抜いてしまったり極端に軽くしてしまうと午前中の空腹時の口臭が強くなってしまいますし、口の中の状態が不安定になり生理的口臭の発生につながります。

そして、そのような生活が続くことによって唾液の分泌能力自体が衰えてしまうこともあります。
唾液の分泌が不十分だと、口の中の殺菌も十分にできませんから細菌が増える、pHを中性に保てなくなる結果、口臭が強くなってしまうことにつながります。それだけでなく、虫歯、歯周病になる可能性も高めてしまうのですね。

ですから、朝食は実は思っているよりも重要で、一日の口内環境は朝食から始まるといっても過言ではないくらい大切なモノなのです。

口臭ケアには和食がちょうどいい理由

口臭ケアに和食がちょうどいいというと、イメージ的には確かに、と思うかもしれませんね。
まず簡潔に理由を説明すると、魚、肉、野菜など様々な具材を使用したバリエーション豊かな副食なので、臭気物質を含んだ食材のみをひたすら食べるということにはなりません。

和食は数が多く量は少ないですので、においの原因になる食材ばかりをたべるという過ちをしづらいということです。

次に、食材が豊富なのでしっかりと噛みますよね。そのため唾液の分泌が盛んになり、しっかりと口臭予防ができるというわけです。
日頃から朝食を抜いている人は唾液の分泌力が弱まっている可能性があるので、朝食も和食でとるようにすると唾液分泌力が訓練できるのでオススメです。

脂質、タンパク質、炭水化物などバランスの良い食事ができるのも和食の魅力。
健康のためには一品料理よりも和食のようなバリエーション豊かな食事のほうが望ましいのです。

和食の軸とも言えるお米には、唾液をたくさん分泌させ食後の口内の乾燥を防ぐ調整機能があることが研究でわかっています。

ですから、もし細菌口臭におうな・・・と思っているならまず朝食をしっかりと食べること、そして和食中心の生活にきりかえてみることをおすすめします。

あとがき

以上、口臭はもう怖くない!きれいな息を作るための和食のススメについてお伝えしました。
私も実は和食を中心に食べていて、口臭が気にならなくなったことを実感しています。

以前は大好きなラーメンばかり食べていて、お腹が空いたらとりあえずラーメンを食べる、朝は適当、夜も適当というひどい食生活を送っていました・・・。

口臭だけでなく体臭もひどく、おまけに肥満という恐ろしい状態でした。
今は和食中心の食事に切り替え、買い食いなども控えつつ適度に運動をするという規則的な生活をしているおかげか、口臭・体臭、肥満が改善されつつあります。

あなたが口臭を本気でケアしたいなら、まずは身近にできる食事から改善していってはいかがでしょうか。
当然ながら、すぐには改善できませんのでいますぐに改善したいという場合は口臭改善アイテムを活用してみるのが良いと思います。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る