記事の詳細

あなたは自分の口を鏡でしっかりと見たことがありますか?

実は口の中には手軽に口臭ケア出来る部分があります。
それが、舌に付着している舌苔(ぜったい)。

舌苔の除去はは口臭をケアする上では外せないもののひとつ。
ここではその舌苔と除去方法について見て行きたいと思います。

舌苔ってなに?

舌苔とは舌についているコケ状のしろいもののことを言います。
ベロっと舌を出して鏡でよく見てください。舌の表面が白くなっているのがわかると思います。

それが舌苔です。食べカスや歯垢・歯石が口臭の原因となるのと同じように、この舌苔も口臭を引き起こす原因となってしまいます。

舌苔がどうして口臭の原因に?

ふと鏡でベロッと舌を出してみてみると、いつの間にか白くなっている舌苔。
でもどうしてこれが口臭の原因となるのでしょうか。

実は舌苔は新陳代謝で剥がれ落ちた上皮細胞なのです。
垢などと同じで死んで役目を終えた皮膚なのです
この舌苔には細菌の死骸も付着しているため、口臭の原因となってしまうのです。

舌苔増加の原因とは

舌苔は気づいた時には増加しているもの。
鏡で見るとよくわかりますが、「口の中がにおうな・・・・」と自覚した時点で既にかなりの量の舌苔が付着しています。
寝起きで口がにおうときによく分かるはずです。

舌苔が増加してしまう原因としては、まず口腔内のケアを怠っていることが挙げられます
口腔内のケアとは歯磨きやうがいのこと。

食後の歯磨きやうがいをしていない場合は増加しやすい傾向にあります。

それ以外では胃腸の調子が悪くなったとき、あるいはドライマウスや口呼吸によって口の中が乾燥しやすい状況になったときに舌苔の量も必然的に増加していき、それに伴い口臭もより強くなってしまいます。

特に注意したいのが、ドライマウスになってしまっているときですね。
ドライマウスの時は唾液の分泌が少ないので、口の中の細菌が殺菌されず増殖してしまいます。
それにより口臭もよりきつくなってしまうことに。

これを防ぐには、

口呼吸をせずに鼻で呼吸する
・ある程度はおしゃべりをする
・ガムを噛んだりして唾液の分泌を促進する

といったことが効果的です。

舌苔を完全に取り除くのはダメ?

口臭を発生させる舌苔。できれば完全に取り除いてしまいたいところですが、実は舌苔には口の中の細菌バランスを調整する機能があるとも言われおり、全部取り除いてしまうのは逆に良くないとも考えられています

ただ、口臭予防の観点からは、舌苔を取り除いたほうが望ましいといえます。

つまりはバランスよく舌苔をケアすることが重要ということ。
とりすぎも着き過ぎもよくないということです。

上手に舌苔をケアする方法

では舌苔を除去するにはどのような方法が良いのでしょうか。
まずひとつ考えられるのは、舌苔除去用のクリーナーを使用することです。

以前は舌苔除去クリーナーなどは販売されていなかったのですが、近年では体臭と並んで口臭を気にする人の割合は非常に多くなっています。

koushu
出典:マンダム 職場の身だしなみとニオイに関する意識調査(2014)(pdf)

調査によれば、ビジネス・シーンにおいて体臭・口臭を気にする人の割合が多いため、口臭ケアアイテムが以前より増えるのはある意味必然といえるでしょう。

舌苔クリーナーを使う

では、その口臭をケアする際に重要な舌苔を除去するクリーナーはどのようなものが販売されているのでしょうか。
主に販売されているクリーナーは、ブラシタイプとヘラタイプに分類できます。

・ブラシタイプ

・ヘラタイプ

ブラシタイプのクリーナーは、見た目そのままで舌の舌苔をブラッシングで落とすタイプのクリーナーです。

ヘラタイプは舌苔を削ぎ落とすように使います。
どちらも力を入れすぎてしまうと舌の細胞を破壊してしまい、味覚障害を引き起こす可能性があります。

ですから、舌苔のケアをするときはかならず優しく擦るようにするのがポイント。

舌苔は専用のクリーナーを使うことで落とすことができますが、わざわざクリーナーを買うのは勿体無い!という方は、以下で紹介する方法でも十分に舌苔を落とすことが可能です。

舌表面を歯ブラシで優しくこする

いつも歯磨きの時に使っている歯ブラシでそのまま舌の表面を磨きます。
歯ブラシの硬さには様々ありますが、舌の表面を磨くのであれば柔らかめの歯ブラシを使うほうが刺激が少なく良いでしょう。

専用のクリーナーよりも刺激が強く、舌をこすっている感覚が強いため、えずきやすいです。
可能な限り力を弱めて優しくブラッシングするのが大切になります。

ガーゼや柔らかい布で優しくこする

歯ブラシでゴシゴシ舌を擦るのは味覚障害を引き起こす危険性があるため、あまり推奨できません。
心配な人はガーゼや柔らかい布を使うと良いでしょう。
指にガーゼや布を巻きつけて優しく擦ることで舌苔を簡単に除去することができます。

金属製のスプーンで落とす

ヘラタイプのクリーナーを使った時と同様の効果が得られます。
ブラシで擦るよりも気持ち悪くありませんし、洗えばずっと使えるので専用ブラシを購入するよりも経済的と言えます。
こちらもやはり強くこすり過ぎると舌を傷つける原因となるので、優しく舌の上をすべらせるのがポイントになります。

キウイフルーツを舌にのせる

ブラシでこすったりヘラで落とす以外にも、舌苔を除去する方法はあります。
その内の一つが、キウイフルーツを下にのせる方法です。

乗せただけでいいの?と思うかもしれませんが、キウイに含まれるアクチニジンという酵素には舌苔を分解・除去する働きがあります

キウイでの舌苔除去方法の手順は、輪切りにしたキウイを舌の上に乗せ、30秒~1分ほど口の中で転がすようにしてから食べると効果的です。同じような方法で、キウイ以外にもパイナップル、パパイヤでも代用が可能。

舌苔を除去するのにわざわざキウイなどのフルーツを用意するのが面倒ですが、いざというときに覚えておくと活用できる方法ではないでしょうか。

はちみつを口の中で転がす

はちみつにはグルコン酸という成分が含まれています。
このグルコン酸には主に腸内環境を正常化させる機能、殺菌作用があります。
そのため、はちみつを口の中で転がすだけでも舌苔を除去することが可能なのです。

はちみつをそのままスプーン一杯すくって口の中で転がしてもいいですし、苦手ならはちみつ100%のアメを代わりに使ってもよいでしょう。また、飲み物としてはちみつれもん水にする方法もあります。

いずれにせよ、殺菌効果のあるはちみつを使うことで簡単に舌苔をケアすることが出来るのです。

口の中で水や唾液と一緒に舌を転がす

さて、上では専用のブラシを使ってケアする方法や、キウイを舌に乗せたりハチミツを口の中で転がすといった方法を紹介しました。
ただ、現実的に考えると、そんなものを使うのは面倒ですよね。

できるならカンタンにサッとケアできるのが一番。

となると、一番カンタンな方法は水を口に含んで舌を転がすという方法。
何度も舌を転がすことで、自然と舌苔の汚れが取れていくという非常にカンタンな舌苔ケア方法です。

水を口に含んでおくことでより効果的に汚れを浮かせることができますし、そのまま飲み込むことで唾液の分泌量も増やすことができますよ。

唾液の分泌量が増えるということは、つまり口の中の殺菌能力がアップする→口臭がニオイにくくなるということでもあるので一石二鳥の方法というわけですね。

もちろんかならずニオイがとれるというわけではないので、心配なら口臭消臭スプレーなどの消臭グッズを活用するのが良いと思います。

あとがき

さて、いかがだったでしょうか。
舌苔のケアは1日1回を目安に行うのがベスト。

といっても、1日1回舌苔を除去するのではなく、1日1回はチェックするというのがいいですね。
舌苔の除去頻度が多すぎると舌を傷つける原因にもなります。

舌苔がよくたまるという人は2~3日に1回、そうではない方は1週間に1回程度の除去がオススメです。
毎日一回は意識的に舌を転がすだけでも十分な効果がありますよ。

舌苔をケアすることで、効果的に口臭を予防することが可能になります。面倒臭がらずにしっかりと取り組んでみてください。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る