記事の詳細

舌苔の除去の方法は、専用のクリーナー以外にも様々なものを紹介しました。しかし、いずれにせよやり過ぎないことが大切です。特に歯ブラシでの舌苔除去は舌に対する刺激が強く、余程のことがない限りはおすすめできない方法です。ここでは舌苔を取り過ぎてしまうとどうなるのかについて見ていきたいと思います。

舌苔を歯ブラシで擦ることの危険性とは

まずはじめに、舌苔を歯ブラシで磨くことはオススメできません。あなたは自分の顔をブラシで磨きませんよね。普通は柔らかい泡で優しく洗顔し、洗顔後は柔らかい布で拭くはずです。しかし舌は歯ブラシでゴシゴシとこすってもいいと勘違いしている人がいるようです。しかしこれはNG。舌の粘膜をみがくのは、胃の粘膜をブラシで磨くのと同じとも言われているほど危険な行為なのです。

口の粘膜の痛覚は鈍感で、あまり痛みを感じることがありません。しかし、痛みを感じることはなくともそれなりにデリケートにできているのも事実。舌の表面には舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる繊細な粒がじゅうたんのように敷き詰められています。舌がザラザラしているのはこの舌乳頭があるからなのです。

この舌乳頭には、食べ物をなめ取りやすくしたり、舌の感覚を鋭くする、唾液をした表面にためるなどのはたらきがあるのですが、歯ブラシでゴシゴシとこすってしまうと簡単に破壊されてしまうのです。ブラシでこすられてした表面から剥がれてしまった舌乳頭は唾液の中に浮遊して、唾液自体を白く濁らせます。また、唾液自体がにおいを帯びてしまいます。

また、唾液を口の中にため込む機能も低下してしまうため、結果的に口の中が乾燥してしまい、延々と口臭に悩まされてしまうことになりうるのです。ですから舌を歯ブラシで磨くのはNGなのです。

舌苔をとり過ぎるとどうなるの?

舌苔は必要悪と考えるべきです。ありすぎるとにおいの原因となりますが、なさすぎてもにおいの原因になります。中庸を保った状態にする必要があるということ。舌苔をとり過ぎると以下のパターンの症状があらわれます。

舌一面が綺麗なピンク色になり、舌苔が付着しなくなる

健康的な舌の場合、うっすらと白く舌苔が舌の表面に付着しているもの。これは最低限のもので、体調によっては舌苔は濃くなります。いずれにせよ舌苔が付いている状態が正常なのですが、歯ブラシで擦り過ぎて舌苔を全て除去してしまうと、舌表面の突起が剥がれ落ちて細胞がむき出しの状態になってしまいます。

そうなると、炎症を起こしやすくなります。舌の表面に血液が集中し、鮮やかなピンク色になりますが熱を帯びており厚く感じるようになります。過敏、乾燥、唾液不足に悩まされるようになり、結局口臭のケアからは遠のいてしまうのです。

今までよりも白い舌苔が短時間で付着していく

では、舌苔を取り除いてピンク色になってしまった舌はその後どうなるのかというと、再び舌苔が付着します。しかも、以前より白く速い速度で。必要な最低限度の舌苔まで取り除いてしまうと、体の防衛本能が機能し、より早く新しい舌苔を作ります。舌の表面の粘膜を保護する機能を復活させるために、体も必死で守ろうとしているのです。

結局のところ舌苔を全てとったところで再び舌苔がびっしりとついてしまうため、唾液不足も相まって強い匂いを発するようになってしまうのです。

道具は一切必要なし!舌苔を除去する方法

このように、舌苔をとり過ぎてもいいことはありません。歯ブラシで磨くのがダメならどんな方法ならいいの?と思うかもしれませんが、それは専用クリーナーなどを使う方法を別の記事で紹介しているのでそちらも参考にしてください。ここでは、クリーナー要らずの舌苔除去方法についてお伝えします。

まず用意するものですが、必要なのはコップいっぱいの水だけです。場所も時間も関係なく水さえあれば舌苔の除去は十分にできます。まず、口の中に水を含みます。そして口の天上を上手く使って舌をゴシゴシと擦ります。ぐるぐる回してもいいですし、前後に動かしても構いません。とにかく味や臭いなどがなくなるまで何度も繰り返します。口をゆすいだ水は捨てなくてもそのまま飲み込めばOK。

この方法なら、舌を傷つける心配がなく、舌苔をとり過ぎることもありません。舌の血行を促進と運動、水分補給により新鮮な唾液の分泌が可能になります。

健康な舌の状態とは?

自分の健康状態をぱっと見で表してくれるのが、舌。舌の舌苔を見れば自分の心理状態・体調がある程度わかります。舌苔がびっしりとこびりついているようなら、心理的不安や体調不良などの面で口内の自浄作用の力が落ちてきていると考えられますし、においもきつくなってきます。

体調も万全、精神的にも安定しているのに舌苔がびっしり・・・というときは別の原因の可能性もありますので、念のため注意しておくことが大切です。

あとがき

以上、舌苔を除去し過ぎると危険!?適切な舌苔ケアが必要な理由についてお伝えしました。
始めにもお伝えしましたが、舌苔は必要悪と考えるべきです。取り過ぎてもダメですし、放置しすぎるのもにおいの原因になるのでよくありません。

舌苔は体のバロメーター機能もあり、体調がすぐれない時などは舌が白くなってわかりやすく知らせてくれます。自分の下を見て体調を把握することが出来るものの、舌苔をとり過ぎるとそれがわからなくなってしまいます。
舌苔は適切にケアすることが重要。しっかりと覚えておいてくださいね。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る