記事の詳細

この記事の所要時間: 756

デリケートゾーン(フェミニンゾーン)のニオイがきつかったりすると、彼にどう思われているのか心配という方もいるでしょう。

女性はどちらかというと臭いに敏感な方が多いですが、最近は男性も加齢臭やミドル脂臭対策を行う人が増えてきたためか、臭いについては色々気にしているようです。

自分の臭いを気にするということは、当然相手の臭いにも敏感になるもの。
そう考えると、やはりデリケートゾーンのにおいはどうにかしたいですよね。

ですが、膣洗浄や洗浄力の高い石けんでゴシゴシ洗うといったことを繰り返していると炎症の元になりますし、肌の潤いが失われ、乾燥肌になって荒れてしまい黒ずんでしまいます。

デリケートゾーンだけでなく肌の黒ずみの原因は基本的にメラニンが活発化してしまうことにあります。
メラニン色素は知っての通り紫外線で活発になりますが、デリケートゾーンの場合は大抵は洗いすぎにより肌の潤いが失われ、乾燥肌になったことによる炎症によるものです。

もちろんすそワキガという可能性もありますが、すそワキガの場合は耳垢が湿っていたりワキななども臭うため、わかりやすいです。

ワキガではないのにデリケートゾーンのニオイがキツイ、という場合は洗いすぎている可能性を考えたほうがいいでしょう。

ここで紹介するアンボーテは、保湿をしつつ汚れを洗い流してくれるボディーソープ。

汚れの洗い流しと保湿が両方できるというとラヴージュもありますが、こちらは保湿と石けんが分かれています。ボディーソープで洗った後に美容液で保湿するタイプなので、保湿力重視の場合はこちらのほうがいいかも。

アンボーテは汚れを洗い流しつつ保湿が出来るボディーソープ。あくまでボディーソープなので、保湿力自体はラヴージュより少し低いかなと感じましたが、それでも洗浄力が高い石けん(牛乳石鹸とかですね)を使った時のような、水分を奪いすぎてカッサカサになる、ということがありません

ハーブやダマスクバラなどのオーガニックオイルを原料にしているためか、ボディーソープなのに香りがすごくいいのが特徴ですね。ただ、逆に言えば泡立ち成分が含まれていないので泡立ちは大したことないです。

ですが、デリケートゾーン用に作られている石鹸やボディーソープは基本的に肌に優しい原材料のみを使っているためか、どれも泡立ちはよくありません。これはラヴージュにしてもエルシーのジャムウハーバルソープにしてもそうですね。

ですが逆に考えると、肌に優しい成分を使っているからデリケートゾーンの乾燥を防いでニオイや黒ずみを予防できるようになります。

毎日使っていけば、当然肌の調子が良くなって、最終的には黒ずんだ角質も気づいた時にはポロッと流れていってしまうと思います。肌のターンオーバー周期は約28日ですから、1ヶ月ほどじっくり腰を据えて(?)使っていけば、綺麗でイヤなニオイのないデリケートゾーンへ導くことも出来ると思います

天然成分でデリケートゾーンの肌を優しく、簡単に乾燥から守ってケアしたい!という方にはアンボーテがおすすめ。まずは1ヶ月、ターンオーバーが数回繰り返されるまでじっくりと使ってみてはどうでしょうか。

フェミニンゾーンのニオイ・黒ずみケア!アンボーテ

annbeauteオススメなのはこんな人
オーガニック石けんで優しくケアしたい
デリケートゾーンの黒ずみをキレイにしたい
ニオイもすっきりさせたい
公式サイトはこちら
http://bi-up.net/

実感度香り・質感使いやすさ定期価格分量
3,980円1ヶ月分

アンボーテの詳細はこちら

アンボーテレビュー!(クリックで拡大)

annbeaute_01

というわけでアンボーテのレビューをしていきます。
アンボーテの箱ははただの化粧品のようなパッケージではなく、ものすごくオシャレで部屋にさりげなく置いても違和感なく馴染んでしまいそうです。

annbeaute_02

アンボーテはデリケートゾーンの黒ずみやニオイを予防するためのボディーソープですが、当然全身にも使えます。デリケートゾーンだけでなく、足の指の間やワキなどニオイが気になるところにも使っておくといいですね!

色は黄色で、アルガンオイルなどの良質なオーガニック化粧品を想像させます。

annbeaute_03
箱の裏面には使い方と全成分が記載されています。
成分についてはじっくり見てもらいたいのですが、植物から抽出したオーガニック成分や美容成分がかなり多く含まれていますね。

洗浄成分としては、以下の4つが配合されています。

  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルグルタミン酸2Na
  • ラウリン酸ポリグリセリル10
  • ココイルグルタミン酸Na

いずれも界面活性剤ではありますが、植物由来だったり低刺激で名前が通っているものばかりなのでデリケートゾーンでも安心して使えます。
これらはオーガニックシャンプーなどにも含まれている成分ですので、興味がある方は調べてみるといいでしょう。

アンボーテはヨーロッパのオーガニック認証基準であるCOSMOSを通過しているため、95%以上がオーガニック成分出できていることが保証されています。なので、大丈夫かどうかを逐一気にする必要はなさそうですね。

annbeaute_04

使い方はいたってシンプル。適量をプッシュして手に取り、泡立てネットなどで泡立ててから肌につけて洗うだけ。簡単ですよね。

アンボーテの使いやすさ

annbeaute_05
まずは適量を手にとります。デリケートゾーンだけなら2プッシュくらいで大丈夫です。

annbeaute_07
慌てネットを使ってササッと泡立ててみます。
やっぱり、泡立ちはイマイチのようですね。

annbeaute_08
さっきの2プッシュ程度で作った泡がこちら。
普通の石けんや洗顔料であればもっともこもこしていたりもっちりとした弾力泡ができますが、アンボーテは泡立ち成分がほとんど入っていないオーガニックボディーソープなので泡立ち控えめ。

annbeaute_10

泡のキメは荒く、弾力のある泡にはなりません。オーガニック石けん特有の泡立ちといった感じでしょう。
でも、化学製品ではない植物由来の香りがふわっと広がってくる感じがいいですね~。
毎日の疲れや嫌な気分が和らぐ感じがします。

洗い流した後はベタついたりすることもなく、サラサラとした肌触りが持続します。
突っ張ったりということがないので、デリケートゾーンの痒みやカサつき、黒ずみの予防には最適といえるかも。

アンボーテの総合評価

というわけで、ここまでアンボーテについて見てきましたがいかがだったでしょうか?
最後に私なりの乾燥をまとめておきますので参考にして下さいね。

アンボーテのイマイチだったところ

アンボーテのイマイチなところって、実際ないんですよね。。ただ、こういったオーガニック石けんというかデリケートゾーン向けの石けん、美容液には共通の注意点があります。

それは、一日や二日でニオイが消えるわけではないということ。もちろん使ってすぐはニオイは消えますし、いい香りになります。

でも、翌朝綺麗サッパリニオイが消えるかといえば、そうではないということでうね。
これはデリケートゾーン用石けん全体ののデメリットでもありますが、デリケートゾーン用石けん・美容液は肌を正常な状態に導くのが目的であって、ニオイを消臭するのが目的ではありません

ニオイや黒ずみの根本的な原因である肌の乾燥を解決するものなので、すぐにニオイを消したいとか、一日中デリケートゾーンのニオイを気にならないようにしたい、というのであればデオドラントクリームのほうが即効性がありますし有効です。

アンボーテの良かったところ

とはいうものの、アンボーテは肌に刺激の少ない洗浄成分と、肌を健やかな状態に導くオーガニック植物成分が含まれています。洗浄も保湿もできますから、手間いらずでラクに使えるのもポイントでしょう。

何度もいいますが、デリケートゾーンの黒ずみは肌の乾燥が主な原因です。乾燥することで、刺激に弱くなり、刺激から守るため角質が厚くなり、なかなか古い角質が剥がれ落ちないのが理由です。

肌を保湿して柔らかい状態を保つことが黒ずみ解決の近道ですし、ニオイ対策にもつながります。
肌のターンオーバー周期は28日ですが、年齢等によってもまちまちなので2~3ヶ月程度はじっくり使ったほうが効果を感じやすいです。

そう考えると、定期なら3,000円代で続けられるので結構お得だと思います。
お手軽にオーガニック石けんを使ってデリケートゾーンの黒ずみ、ニオイ対策をしたい方には是非試してみてもらいたいです。まずは1ヶ月使ってみて、変化を感じてみてはどうでしょうか?

フェミニンゾーンのニオイ・黒ずみケア!アンボーテ

annbeauteオススメなのはこんな人
オーガニック石けんで優しくケアしたい
デリケートゾーンの黒ずみをキレイにしたい
ニオイもすっきりさせたい
公式サイトはこちら
http://bi-up.net/

実感度香り・質感使いやすさ定期価格分量
3,980円1ヶ月分

アンボーテの詳細はこちら

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る