記事の詳細

以前の記事で、頭皮のニオイの原因は2つあるとお伝えしました。ひとつは外的な要因。つまり、食べたもののニオイやタバコ臭が充満した環境にいた、というような理由でそのニオイが髪の毛に吸着してしまう場合です。

参考記事:男性も女性も注意!頭が臭い2つの原因と対策方法

それとは別に、もう一つ頭が臭ってしまう原因があります。それが、頭皮のにおい。頭皮からも皮脂はしっかりと分泌されているので、皮脂の臭いは当然します。ですが、その皮脂の臭いが強烈になってしまうとどうしても気になってしまいますよね。

この記事では、頭皮のニオイの原因と対処法についてお伝えしていきます。

頭皮の匂いは皮脂の臭い

髪の毛は外部からのニオイだけでなく、皮脂の臭いもしっかりと吸収しています。皮脂の分泌が多い男性の場合、丸一日シャンプーをしなかっただけで髪の毛がべっとりとしてしまい、かつ皮脂の臭いがぷんぷんするという最悪な状況になります。

会社に泊まり込みで残業をした経験のある方ならわかるでしょうが、その日は自分でも嫌になるくらい臭っているのがわかるはずです。

このことからもわかるように、頭皮のニオイは基本的に皮脂の臭いである場合が多いです。また、この皮脂を餌としてカビの一種である真菌が繁殖することでフケが発生します。フケは見た目も不潔な印象を与えるため、気づいたら早めに対処法を考えるべきでしょう。

もしかして脂漏性皮膚炎?

さて、このフケ症が進行してしまうと、脂漏性皮膚炎となってしまいます。

脂漏性皮膚炎になるとフケがどんどん出てくるだけでなく、毛穴にフケが詰まって抜け毛、脱毛を引き起こす可能性があります。それと同時に強い臭いも発するようになるため、必ず皮膚科を受診するようにしてください。

皮脂が多く分泌されてしまう原因を考えよう!

脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまう皮脂ですが、分泌には男性ホルモンだけでなく生活習慣が大きく関わっています。具体的には脂分の多い食事をしていると分泌されやすくなりますし、頭皮を洗いすぎれば少なくなった油分を補おうと皮脂分泌が盛んになります。

ですから、皮脂分泌を押さえて脂漏性皮膚炎を防ぐには今までの生活習慣を変えていく必要があるわけです。性ホルモンはコントロールしようと思ってもなかなか出来ませんが、生活習慣であれば自分で気をつければなんとかなるもの。

まとめ

本来は肌や髪のコーティングを行い雑菌の繁殖を防いでくれる皮脂なのですが、分泌されすぎてしまうのも困りもの。まずは自分の生活習慣をコントロールして皮脂の分泌を抑えるよう心がけてみてください。

もしフケがたくさん出てくるようであれば、頭皮が脂漏性皮膚炎になっている、なりかけている可能性があるのでその場合は迷わず皮膚科を受診するようにしてくださいね。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る