記事の詳細

この記事の所要時間: 714

ワキガ対策向けの制汗クリームって最近色々な種類が出ているんですよね。
個人的にはクリアネオが人気だし肌にも優しいのでおすすめなのですが、本当に大丈夫なの?と心配している方もいるかもしれません。

というわけで、ここでは一般的なデオドラントクリームの気になるポイントをまとめてみたいと思います。
この記事で疑問を解消してニオイ対策に役立ててもらえれば幸いです。

ワキガ対策、制汗クリーム以外の方法は?

ワキガといえば半端ないくらいニオイが出てしまうものですが、どんな対策方法があるのか気になりませんか?
そもそもワキガのニオイはアポクリン汗腺から分泌されるたんぱく質により粘り気を持ち、乾きにくくなって角質等を餌にした雑菌が繁殖してしまうために起こってしまうもの。

ですので、簡潔に言えば蒸れる前にしっかりと汗を拭いてさらっと乾いた状態を維持できれば雑菌も増えないのでニオイは少なくなるのです。

一人で悩んでいてもしょうがないので、自分でできることは色々とチャレンジしてみるのがベスト。
まずは下でお伝えすることを試してみてください。

角質を洗い落とす

角質が溜まると雑菌の温床になってしまいニオイが発生してしまいます。
ですので角質(あか)を溜めないようにタオルやスポンジで毎日丁寧に洗いましょう。

ゴシゴシこすってしまうと黒ずみの原因になりますから、優しく洗うのがポイント。
湯船に浸かっていると皮膚が柔らかくなってきますから、垢を落としやすくなります。

ですので、お風呂に入る前に洗うのではなくお風呂に入って数分経ってから洗うほうがキレイに落ちたりするんです。

ちなみに、指でちょっとこすってみて消しカスみたいなのが出てきたらそれが古い角質ですよ。

除毛する

角質と同じくワキ毛も雑菌が増えやすい場所。その理由は汗を吸収して乾きにくいというシンプルなもの。
雑菌の餌となるたんぱく質などがそのまま毛にくっついている状態ですから、そりゃ増えますよねって話です。

なので、ワキ毛を処理することが一番簡単なワキガの対処法と言えるでしょう。
このとき毛抜きで抜くのは間違い
どうしてかというと、地肌を傷つけてしまいますし、埋没毛になりやすいからです。
地肌が傷つくと黒ずんでしまいますし、埋没毛になると毛穴に黒いポツポツができて見た目が物凄く汚くなっちゃうんですね。

ですから、普通にカミソリで優しく剃ってあげるのがGood

汗対策をする

ワキガの臭いの原因は汗にありますから、当然汗対策は万全にしておかなければなりません!
まず大事なこととして蒸れにくく通気性のよい服装を心がけることが大事です。

あえて風を通さない服を着たほうがニオイが広がらなくていいと思うかもしれませんが、逆にニオイを悪化させてしまいます。

また、状況に合わせて汗を吸収するあせワキパッドなどを活用するといいでしょう。

休憩のときに交換すれば午後も汗ジミ・においの心配は不要ですね!
また、当然汗をかいたらこまめに拭くことも大事ですからハンカチやハンカチタオルなどをポケットに入れておくほうがいいでしょう。

汗がよく出るという方は、汗をかいてもしっかりと拭いたりすることが不可欠。
出さないように、という対策ばかりやっていると逆に老廃物が溜まってニオイが臭くなりやすいですからね。

殺菌する

ニオイは汗によって発生しますが、その根本的な原因は雑菌です。
雑菌の増加を防ぐこと=ニオイを防ぐことにつながりますから、殺菌することも頭の片隅に入れておくと役に立ちますよ。

例えば、ここ数年よく見かける銀イオンスプレーなんかも殺菌作用があるのでおすすめ。

エージーデオは容量が多いのでかなり長持ちすると思いますよ。

焼きミョウバンを使ったミョウバン水によるニオイ予防も有名ですから、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。
といっても、スプレー何かのほうがお手軽ですから、ぱぱっと消臭したいときはスプレーで間に合っちゃいますよね。

ちなみに、殺菌についてはデオドラントクリームも同じような働きがあるのでおすすめです。

はじめにもお伝えしたクリアネオには殺菌成分だけでなく制汗成分も含まれているため、ニオイの原因をダブルブロックしてくれますからね。

クリアネオを朝塗っておけば、あせワキパッドを使う必要もないのでラクですし。
そういう意味ではデオドラントクリームの使い勝手ってめっちゃ良いと思います。

制汗クリームってどの程度肌にやさしいの?

制汗クリームにも色々あるのですが、肌への優しさについてはやはり自分で使ってみなければ分からないというしかありません。

ワキなどのデリケートな部分につけるものなので第三者機関によるパッチテストが行われているものもありますが、本当に自分の肌に合うかは使ってみないとわからないですから。

人は大丈夫だったみたいだけど、私が使ったら赤くなった…そういう事例もないわけではないですしね。
ですから、口コミをそのまま鵜呑みにするのではなく自分で確認することが大事ですよ!
そういう確認の意味も込めて、デオドラントクリームを販売している会社も返金保証を用意しているのだと思います。

どの程度のニオイ抑制が見込めるの?

ニオイ抑制効果についても上記と同じように自分で使って確認したほうが早いです。
あれこれとネットを見て回って、「結局なんなの????ニオイ抑えられるの?」と堂々巡りで時間だけをムダにするのはもったいないです。

悩む時間があったら、さっさと自分で使ってみて効果を確かめてみましょう。
ちなみに、制汗クリームは制汗とかいてあるもののずーっと汗を抑えられるわけではありません。

時間が経てば当然汗はでてきますし、ニオイも出てしまうわけで。
なので、必要に応じてハンカチやタオルでワキを拭き付け直すというのが無難でしょうね。

気をつけてほしいのですが、間違ってもクリームとスプレーを一緒に使ってはいけません!

一緒に使えばニオイ抑制効果が2倍になるんじゃないの!?と思ってしまうかもしれませんが、実は逆にひどいニオイになってしまうこともあるから。

スプレータイプは肌をサラサラにするパウダーなどが入っているので、汗によって水気を含んでしまうとなんとも言えないクサイにおいになってしまいます。

せっかく制汗クリームを使ったのが台無しになっちゃいますから。
使うのであれば、どちらか一方だけにするのが無難ですね。

制汗クリームの効果をガッツリ感じる方法は?

さて、では制汗クリームの効果をガッツリ感じるためにはどうすればいいのかというと、上でまとめたニオイ対策と併用すればいいんですよ!

具体的に言えば、角質を落とす、除毛する、汗を拭く、殺菌する、という対策をしつつ、制汗クリームを活用する

これで制汗クリームの効果を感じる下地はできますからね。
あとは必要に応じて、汗が出てきたら拭いて付け直すなどすれば大丈夫です。

私はこれらの対策を組み合わせて自分でニオイが気にならない程度にはなったと思います。
なので、ぜひとも取り入れてみてもらえれば幸いですね。

まとめ:ワキガのニオイ対策は制汗クリームでも大丈夫!

はい、というわけでワキガ対策のための制汗クリームの活用法、というかその下準備についてまとめてみました。
そのままワキガ対策として制汗クリームを使うのも良いのですが、より効果的にニオイを抑えるにはしっかりと下準備が必要なんですよね。

ですがクサイと思われるより、ある程度自分で対策して臭わないようにしたほうがよくないですか?
少なくとも私はニオイが充満して嫌な気分にさせたくはないので、自分でできる対策は出来る限りやっていますし、これからも続けていこうと思っています。

冬の時期はあまり臭わないですが、ニオイ対策がキモになる夏、そして春秋は地味に汗をかいて蒸れることがありますからしっかりとニオイ予防をしておきましょうね!


→ワキガ対策ならクリアネオ!

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る