記事の詳細

近づいただけで汗と皮脂の混ざったくさいニオイってイヤですよね。
でもそのにおいを自分が出していたと思うとどうでしょう?

いやいや、みんな誰も気にしてない感じだし別に大丈夫じゃない・・・?と思って見なかった振りにするかもしれません。

でも、電車内やエレベーターなんかの人が密集する場所ではかなり強烈なにおいになるんです!
ひそひそと「なんかあの人クサくない・・・?」とか言われたくないでしょ

そのためにもきっちりと汗のニオイ対策をしておく必要はあります。
ですがそのつけるべきタイミングっていつがいいんでしょうか?

少し考えてみました。

デオドラントクリームをつけるベストタイミング

まず最初に考えたいのが、一日2回は最低でもつけるべきということ。
で、そのタイミングですが、

・朝起きてすぐ
・寝る前

の2回です。

どうしてこの2回なのかですけど、まず朝起きてすぐは寝ている時に分泌された汗や皮脂により雑菌が増殖してニオイが出やすい状態となっているからです。

寝る前につける理由としては、寝ている間に分泌される汗や皮脂により雑菌の繁殖を防ぐため。

起きたらデオドラントクリームを付けてパジャマを洗濯機へポイっ!

朝起きてすぐ自分の服のにおいが臭くなっていたら「あ~やっぱり臭いわ・・・・」とのんきに思っている場合じゃありません!
すぐにデオドラントクリームを付けるべき。
ついでに寝ている時の服もちゃんと毎日洗濯することが大事ですよ!

一人暮らしだと「寝る時だけだからいいや」といって2~3日続けて着ることもあると思いますが、雑菌が繁殖してものすごく臭くなっちゃいますからね。これは洗濯せずにつかいまわしたバスタオルと同じような状態といえます。
着ている服のニオイが体に移ると、におい逆輸入!となって臭いんですよ。

なので、朝起きてからはすぐデオドラントクリームをつける着替えるの2つが大事ですよ!

寝起きのニオイ対策のために就寝前も必ずデオドラントクリームをつけよう

また、寝る前も必ず付けておきます。その理由としては上でも書いたとおりですけど、やはり寝ている最中に分泌される汗や皮脂により寝起きにニオイが出てしまうのを防ぐため。

寝起きのニオイは当然状況によっても異なります。
寝苦しい夜に汗をダラダラ流しながら寝ていた翌日は当然臭いですが、快適な温度で寝ていたのであればニオイが気になることはあまりないでしょう。

でも加齢臭ミドル脂臭となるとどうでしょうか?ニオイがない自信あります?

この2種類のニオイについては根本的な対策に時間がかかります。生活習慣の改善からはじめなければならいないため、最低でも半年は時間を見ておいたほうがいいんです。

でも寝る前にデオドラントクリームを予め付けておけば、特有の甘酸っぱい変なニオイ、アブラっぽいニオイ、古い本のようなニオイを防げます

ですから個人的には就寝前にデオドラントクリームをつけるのは推奨・・・というよりも強くおすすめします。

オススメのデオドラントクリームについてはこちらのページで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

デオドラントクリームをつける場所

さて、じゃあ寝る前や起きた時にどこにデオドラントクリームをつけるか、ですがこれは皮脂腺や汗腺の多い場所、要するに汗や皮脂の出やすい場所に狙いを絞ってつけていくのが得策です。

個人的に重要だと思う所

・ワキ周辺
・胸元
・首まわり(特に背中側)
・耳周辺(特にの裏側)
・陰部(必要に応じて)
・頭皮(流石に難しいか)

大体この辺りに狙いを絞ってつけていくのがいいでしょう。
特にワキ、胸元、首周り、耳周辺はニオイが鼻まで届きやすい部分です。
身長が高い男性であればニオイは上に抜けていくため、人にかがれる心配は少ないのですが、背の低い人は要注意

身長が低い人の首や耳周辺は身長が高い人からすると、丁度鼻の位置辺りに来るんですよね。なので、身長高めの男性は全てのニオイをかがなきゃいけなくなるため、きつい思いをすることになるはず。

なので、「個人的に重要だと思う所」に書いた場所は念入りに(重ねづけしてもOK)デオドラントクリームを付けておくべきです。
女性の場合は陰部のニオイにも気をつけて欲しいです。生理時なんかはニオイがきつくなってしまうため、できるだけデオドラントクリームなどで対策をしたほうが気持ちが楽になるはずですよ。

仕事中は制汗スプレーの活用も

さて、朝起きた時と寝る前にデオドラントクリームを付ける習慣ができたら日中のニオイは防げたも同然・・・・とおもいきや、意外とニオイは出てしまうんですよね。

そうならないためには、汗が出る前だけでなく出た後にもきちんとニオイを対策しておく必要があります
さすがにスーツを着ていて仕事中にニオイ対策っていうのは難しいので、そのあたりは制汗スプレーなどを活用するのがもっとも簡単な対策方法でしょう。

汗でニオイが強烈になってしまう原因は、ムレて雑菌が繁殖してしまうことにあります。
だからこそ、雑菌を増やさないようムレないようにすることが大事ですよ!

デオドラントクリームには制汗成分だけでなく殺菌成分も含まれいてるので、効果的にニオイを防ぐことが出来るわけですが、滝のように汗をかいてしまうとどうしても流れてしまいますから付け直す必要があるわけです。

しかし仕事中はそんな暇はないと。じゃあ代替案で制汗スプレーを活用しちゃおうと言うわけですね。
制汗スプレーには私も何度も助けられましたよ・・・。

汗だくのなか電車に乗るのは周りの視線がキツイので、一旦トイレにこもって制汗スプレーで汗を落ち着かせ、それから電車に乗ると周りの視線も気にならず快適でした。

まとめ

というわけで、汗とニオイを抑えるためのデオドラントクリームをつけるべきベストタイミングについて考えてみました。
考えたというか、実際私がしていることなのですけど、実際にやってみるとそれなりに効果が感じられると思います。

デオドラントクリームも使うべきタイミングを間違えてしまうと意味が無いですからね。例えば運動前に使うとか明らかに間違った使い方。大量に汗を流す直前の場面で使っても、結局汗で流れ落ちてしまうので意味がありません。

使うのであれば、大量に汗が出て落ち着いた後です。このタイミングでつけるのが最も効果的と言えるでしょうね。

まずは朝と夜にデオドラントクリームをつけるのを習慣にして、臭わない毎日を過ごしてみませんか?

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る