記事の詳細

ひょっとして自分はワキガなのでは・・・?と思ったことがある方は少なくないでしょう。しかしその多くが勘違いであるということは前回の記事でお伝えしました。

関連記事:単なる汗臭さとワキガの違いとは-エクリン腺とアポクリン腺

今回の記事では、エクリン腺とアポクリン腺について雑学的な内容をお伝えしていこうと思います。雑学的、というのはワキのニオイの原因と対処法には直接関係のない内容となるためです。知っておいて損はありませんが、知っているからといってワキのニオイを消せるわけではないのであしからず。

エクリン腺、アポクリン腺の本来の働きとは

エクリン腺、アポクリン腺にはそれぞれ異なる役割があります。以下では詳しくその役割についてみていきたいと思います。

エクリン腺の3つの働き

まずはエクリン腺。エクリン腺は身体のいたるところに分布している目には見えない汗腺で、成分のほとんどが水(99%以上)です。そのため、感触としてもサラッとした汗だというのがわかると思います。エクリン腺に次のの3つの働きがあります。いずれも生理的な働きをもっているため、自分でコントロールするのはなかなか難しいといえるものが多いのではないでしょうか。

温熱性発汗

気温の上昇や運動によって体温が上昇したとき、私たちは汗をかくことで体温を37度前後に調節しています。生理的な体温調節機能で、体全体から汗が出てくるのが特徴です。

精神性発汗

緊張したとき、不安なときなどにかく汗が精神性発汗です。主に手のひらや足の裏、脇の下など局所的に汗がにじみ出てきます。いわゆる「冷や汗」も精神性発汗に分類できますね。

小学生ぐらいの時に人前で話すときにかなり緊張したことがある方は多いと思いますが(今も?)、終わった後に手のひらがじんわりと湿っていたことはよく覚えているはず。精神性発汗はこのようなときに起こります。それ以外にも、仕事終わりの足のニオイも精神性発汗が関係しています。これについては足臭のページで詳しく解説させていただきます。

味覚性発汗

激辛カレー、激辛ラーメンなどの辛いものや熱いものを食べたときを思い浮かべてください。鼻の頭や額、唇の周りや首元にものすごく汗をかきますよね。これが味覚性発汗です。辛いもの、熱いものなどの刺激物を口にすると誰でも少なからず汗をかいてしまうもの。

味覚性発汗を防ぐ方法で一番有効なのは、辛いものなどを食べないことです。食べなければ味覚性発汗は起きませんので、汗臭くはなりませんし、汗をかいた後に布などで拭き取ることである程度予防することは可能です。

以上がエクリン腺の働きです。いずれも生理的な発汗を促す機能があることがわかりますね。多汗症といわれる人も殆どがエクリン腺から出る汗なので、きちんと汗を拭き取ったり汗をかかないように予防することでニオイを防ぐことは可能です。

アポクリン腺の働きはにおいを作り出すこと

エクリン腺の役割は体温調節のための生理的発汗を促すことにあるのはわかりましたね。一方、ワキガの原因となるアポクリン腺のはたらきはというと、体温調節ではなくニオイを作り出す汗を出すことにあります。身近にいる動物を思い浮かべてください。動物はニオイによって、仲間かどうかの確認、個体の認識をしています。それだけでなく異性を惹きつけるフェロモンをアポクリン線から発しています。動物においては、アポクリン線から発せられるニオイは無くてはならない識別記号のような役割を果たしているのです。

しかし、人間は進化の過程で体毛が退化しアポクリン腺も退化し、代わりに体温調節機能としてのエクリン腺が進化したと言われています。ですから、アポクリン腺はワキや性器周辺などの局所的な部分にしか存在していないのですね。ニオイを作り出すためのアポクリン腺から発せられる臭いがワキガ臭の原因なのです。

あとがき

さて、クサイだけじゃない!エクリン腺とアポクリン腺がもつ本来の働きについてお伝えしました。いかがだったでしょうか。
エクリン腺、アポクリン腺、ワキガの原因についてそれぞれわかったと思いますが、多くの人が悩む「汗臭さ」の原因についてはまだわからないですよね。

汗臭さの原因は、エクリン腺から分泌される汗がベタベタしていることに起因します。エクリン腺から出る汗は本来サラサラしていてほとんど臭わないもの。どうして臭ってしまうのかについて次回の記事ではお伝えしていきたいと思います。

  • ????????????????????
  • Pocket

関連記事も読むとイヤな臭いから開放されます

体臭ケアサプリランキング!

男性必見!加齢臭・ミドル脂臭対策ランキング!

臭ピタッ!
ページ上部へ戻る